プロペシアが効かない!

AGA治療薬であるプロペシアが効かない人がいます!これは、実際に臨床検査で、証明されているらしく、AGAでは無いと言う理由ではなく、AGAであるにも関わらず数%の人には効果が認められませんでした。このプロペシアに効果が得られなかったという理由に関しては、未だ解明はされておりません。ですが、プロペシアの効果は国内外共に利用者の90%の方が、AGAの進行を抑制する効果が表れているという結果が出ています。プロペシアは、日本の厚生労働省にも認可されている、正式な服用する育毛剤です。しかし、効果が無い人について、単なる思い込みやAGA(男性型脱毛症)ではないという人も実際いらっしゃいますので、そのような効果が現れない、または現れにくい場合の事例を検証してみたいと思います。

あなた本当にAGAですか?

AGA(男性型脱毛症)とは、強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が、5αリダクターゼ(還元酵素)によって作り出されることによって、髪の毛のヘアサイクル(毛周期)を乱し、抜け毛が増えて薄毛になる脱毛症です。つまり、問題のDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害する役割をするのがプロペシアなのです。という事は、5αリダクターゼ(還元酵素)とは無縁の脱毛症には、全く効果が無いという事です。

脱毛症にはいろいろと種類があります。「AGA(男性型脱毛症)」「脂漏性脱毛症」「円形脱毛症」と、代表的なものはこのような感じです。如何にそれぞれの特徴を上げていきます。

効果が無い?あなたは脂漏性脱毛症ではないですか?

脂漏性脱毛症とは、皮脂分泌が過剰に行われ、皮脂が毛穴を塞いでしまう事によって起こる脱毛症の事です。しかし直接的な原因は、皮脂が毛穴を塞いでしまうという事よりも、皮脂が、毛穴の奥底の毛根部分にまで侵入し、毛根の周辺を炎症させてしまう事が原因のようです。しかし、この脂漏性脱毛症の場合は、素人の方が見ても明らかに皮脂が過剰分泌していると分かるぐらい頭皮に付着しており、頭皮が肉眼で見ても普通に確認できるぐらい炎症を起こしています。それに、脂漏性脱毛症は脱毛症で悩む方の全体の2%にも満たないぐらい稀なケースで、AGAと間違えてプロペシアを服用するという事はまずないでしょう。

脂漏性脱毛症は、5αリダクターゼ(還元酵素)との関係が全くないのでプロペシアを服用したところで、効果は無いので皮膚科等で相談してみてください。しかし、脂漏性脱毛症もAGAと同様にホルモンバランスの崩れが大きな原因とされているため、解明はされていませんが、もしかしたらプロペシアで効果がある可能性も無きにしも非ずという説があります。

効果が無い?あなたは円形脱毛症ではないですか?

円形脱毛症は知らない人がいないというぐらい有名ですね。一般的によく言われる10円ハゲや500円ハゲと言うやつです。頭部の一部分または数か所に円形状のハゲ部分ができる脱毛症です。確かな原因はまだ分かっておらず、主な原因として「ストレス」による自己免疫疾患と言われています。身体の防御機能であるリンパ球がストレス等の原因で毛根部分の自己杭原を敵と見誤って攻撃してしまう事によって円形脱毛症が発症します。ただし、ストレスはあくまでも円形脱毛症を引き起こす原因の1つに過ぎないのです。なぜなら、ストレスをほとんど感じる事のない乳幼児にも発症事例がある事から、このように言われています。

ですから、円形脱毛症も脂漏性脱毛症同様に、5αリダクターゼ(還元酵素)との関係性が無い為、プロペシアを服用したところで、効果は無いという事です。

プロペシアの効果に即効性はない!

よく勘違いされるのが、プロペシアを服用すれば、すぐにAGA(男性型脱毛症)が改善するという事です。プロペシアに即効性はありません。少しの期間服用を続けたところで、効果は現れません。とにかく長期に渡って服用を継続することが大事なのです。最短で効果が現れると言われている期間でも、やはり3ヶ月はかかります。一般的に言われているのが、半年で少しづつ効果が現れはじめ、遅い人だと約2年かかるという人もいるみたいです。

なぜ、このように差があるのかは、解明されておらず個人の体質の問題、毛周期(ヘアサイクル)の問題が疑わしいようです。健康で元気な髪の毛の成長サイクルは、男性で2~5年、女性で4~6年と言われています。このような成長速度が関係して、プロペシアの効果が実感できない場合も1つの原因として考えられるみたいです。以上のようなことから、プロペシアには即効性が無いという事が分かっていただけたと思います。かといって、服用しなければ、AGAはどんどん進行していきますので、早めに治療を受けるようにしましょう。

プロペシアの効果が出にくい

まず、再認識してほしいのが、プロペシアは育毛効果が得られる薬ではない!という事です。プロペシアはAGAの進行を抑制する薬という事です。こちらのパターンとして考えられるのは、AGAの症状が進行しすぎて、深刻な状態の人に考えられます。どのような状況かと言いますと、頭頂部もしくは額の生え際部分に髪の毛がほぼ無い状態である。これは、あまりにも放置し過ぎていて、毛母細胞が死んでしまっている可能性があります。弱っているだけなら、まだしも死んでしまっていたら、いくらプロペシアを服用したところで効果は無いという事です。

しかし、毛母細胞が死んではいないが、弱っていると言う場合はまだまだ可能性があります。プロペシアはあくまでもAGAの進行をくい止める薬なので、プロペシアだけでは効果は出にくいのですが、毛母細胞を活性化する育毛サプリ育毛剤等を併用しながら継続すれば必ず効果は現れてくるでしょう。ですから、効果が出ないからと言って、すぐにプロペシアを自己判断で中止するのは良くありません。必ず専門の医師にご相談ください。

まとめ

プロペシアが効かない!には理由があると言う事ですね。要はAGA(男性型脱毛症)ではない、脱毛症という事です。その他は、AGA(男性型脱毛症)であるが深刻な状態になっている。つまり手遅れ状態という事ですね。AGAは放っておくと進行します。待ってはくれません。ですから、もっと焦って下さい!のんびりしている暇はないのです。未来のあなたの大切な髪の毛達の為にもまずは、無料カウンセリングを受ける事です!そして、気に入らなければクリニックを変更する!何しろ無料カウンセリングですからね!今はAGA専門のクリニックがたくさんあり、さらに無料でカウンセリングまでしてくれると言うのです、とてもありがたい時代ですね。その悩んでいる1分1秒を無駄にしないでください!AGA治療でプロペシアを服用してAGAの進行を抑制し、それと併用して髪の毛の育毛を促進してくれる良質な育毛剤等で中からも外からもケアしてください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します