プロペシアの間違った?認識

AGA治療薬であるプロペシアに関して間違えて?認識している人が多くいますので、もう一度再認識するという意味で、少し解説してみたいと思います。要は、間違いではなく正しいのです。そして勘違いでもないのです。何を言っているのだ?と聞こえてきそうですが、こういう事です。どうぞ

プロペシアの知識 間違い?勘違い?

プロペシアの効果をあなたはきちんと把握していますか?医師でもない私が偉そうに言う事ではないのですが、プロペシアの効果に関してもう一度考えてみましょう。「プロペシアを服用すると、髪の毛が増えた!」と言うような、言葉を耳にしますが、これは本当?という事なのですが、この表現は間違いではありませんが正解でもありません。つまり、プロペシアは、髪の毛を増やす働きがあるのではありません。どういう事かと言いますと、プロペシアと言う薬はAGAの主な原因である、強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制させる効果がある薬なのです。

このDHT(ジヒドロテストステロン)によって、極端に短縮されてしまったヘアサイクル(毛周期)を正常な状態に戻し、さらにこのDHT(ジヒドロテストステロン)を増やさないようにする働きがある薬なのです。ですから、薄毛の進行を止めて、元のヘアサイクルに戻し、元気だった太くて、長い髪の毛を取り戻すことによって、髪の毛が増えたように感じるという事が正解なのです。要するに元に戻っていくという様な感じです。ですから、もともと軟毛、細毛等の方はプロペシアを服用したからと言って、髪の毛が極端にボリューミーになるという事は、考えにくいでしょう。

髪の毛のはどうすれば増える

では、髪の毛はどのようにすればボリューミーになるのか?という事なのですが、もう1つのAGA治療薬である「ミノキシジル」が効果を発揮してくれます。ミノキシジルの説明は別記事で説明してますので、詳しくはそちらをご覧ください。ミノキシジルの効果を簡単に説明しますと、プロペシアはAGAの薄毛の進行をくい止める働きでしたが、ミノキシジルは失った髪の毛を復活させる発毛剤なのです。元々は高血圧の患者の方が服用する薬だったのですが、副作用として発毛効果が見られた為AGA治療薬の発毛剤として使用されるようになりました。ミノキシジルは、血管を拡張させる効果があり、毛細血管まで十分な栄養を送れるようになります。すると、毛母細胞や毛乳頭が活性化され、髪の毛の成長を促進してくれます。

プロペシアでAGAの進行をくい止め、ミノキシジルで髪の毛の成長を促進すると言う方法もあるみたいです。この両方の成分は、薬理作用が異なる為、併用しても問題ないみたいです。

まとめ

という事です!知らなかった人は、良く覚えておきましょう。それから、薄毛の進行が深刻な方は、プロペシアとミノキシジルの併用で、少し復活できそうですね。しかし、この方法は私も試したことが無いので、実際に効果があるのかは不明です。私の場合は、AGA治療を始めた当時の状況がそれほど深刻ではなかったので、幸いにもプロペシアの服用だけで難を逃れることができました、ありがたい事に副作用も無く、薄毛の進行も止まり、太くてしっかりとした髪の毛がいきいきと生えています。ですから、当サイトにたどり着いたあなたは手遅れになる前に一刻も早くAGA専門のクリニックで無料カウンセリングを受けてください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します