朝シャンは薄毛の原因

みなさん「朝シャン」してますか?知ってますか?朝シャンは薄毛の原因です!私も当時は、朝シャンをしていました!その理由は、朝から髪の毛がいい匂いがする、とても清々しい、髪型のセットがやりやすい等の理由です。ですが、これが原因で私は薄毛に…。髪の毛がなくなってしまえばセットもクソもない!若い男性の方は特に朝シャンをする方が多いと思います。ですが、それが薄毛の原因だとあなたは知っていますか?おそらく、知っていますよ!と答える人は少ないでしょう。では、なぜ、朝シャンは薄毛になるのか?について、今回は勉強していきましょう。

朝シャンはなぜダメなの?

シャンプーは頭皮にとって、とても重要な事です。別記事でシャンプーの正しい方法について解説しましたが、いくらシャンプーの正しいやり方をしていても、「朝シャン」だけはしないでください。ただでさえ忙しくて時間の無い朝にシャンプーをするのはとても危険な行為なのです。朝に3時間以上余裕がある人は別ですが…。

朝シャンがダメな理由!

頭皮には皮脂がありますが、この皮脂も過剰に分泌されると良くないのですが、実は皮脂も頭皮にとっては必要不可欠な存在なのです。皮脂は頭皮や髪の毛を保護したり、頭皮に蓄えられた水分を、保湿を保つために外に逃がさないようにする働きや、雑菌の撃退などの役割があります。しかし、これらの機能はシャンプーをするとリセットされます。そして保護膜を新たに形成するのに、約2時間(保護膜形成の時間は個人によって変わります)ほどかかってしまうのです。つまり、朝シャン後約2時間は保護膜が形成されていない状態なので、そのままお仕事等で外出すると、紫外線、風等の影響で頭皮を傷つけてしまうのです。こうなると、毎晩お風呂でしっかりと頭皮ケアをしていても全く意味がないという事ですね。

特に朝はみなさん忙しく、時間が無いと思います。そんなバタバタしている中で朝シャンをすると、爪で頭皮を傷つけてしまったり、シャンプーの洗い残しがあったり、するので、フケ、痒み、抜け毛、の原因となり薄毛まっしぐらです。それに髪の毛の乾かし方も雑になってしまいます。正しい洗髪方法で解説しましたが、タオルドライが雑になり頭皮を傷つけたり、ドライヤーの熱風で急激に乾かしたりすると髪の毛にも頭皮にも良くありません。ですから、朝シャンはデメリットだらけですので、明日からはやめましょう。髪の毛や頭皮の事を考えるなら朝シャンは、今後しないようにしましょう。どうしても、朝シャンがやめられない人は、外出の3時間前に正しい洗髪方法でするようにしましょう。

まとめ

以上で、朝シャンがダメな理由を分かっていただけたでしょうか?確かに、朝シャンは気持ちが良いのですが、大事な髪の毛を失ってまで、する程の事ではないと思います。そう思いませんか?特に夏場は、寝ている間に汗をたくさんかくので、朝シャンをしたくなるのですが、シャワーを浴びる程度で、シャンプーをするのは控えましょう。夏場は、紫外線が非常に多く、ただでさえ、頭皮(皮膚)に良くないのに、シャンプーをすることによって、頭皮の保護膜が無い状態でお出かけするのは、大切な髪の毛を捨てに行っているようなものです。ですから、明日からは朝シャンは控えるようにしましょう。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します