シャンプーで頭皮ケア

今回はAGA予防や、今後の髪の毛の成長を祈って、頭皮の血行促進にも役立つ、正しいシャンプーの方法を勉強していきたいと思います。意外と雑になりがちなシャンプーなのですが、毎日の事なのでしっかりとマスターしておいてください。シャンプーの方法1つ間違うと、確実に薄毛になってしまいます。それぐらい、シャンプーは大事な生活習慣になります。そんな大げさな!と、思っている人ほどしっかりと、読んでみてください。自分の洗髪方法と180℃違う事が分かってくると思います。シャンプーは未来の髪の毛の為に、とっても大切な頭皮マッサージなのです!それではどうぞ!

知っていますか?正しいシャンプーの方法?

わたしたちは、毎日シャンプーをします。実はこのシャンプーにも正しい方法があります。あなたは、間違えたシャンプーのやり方をしていませんか?シャンプーは、今後生えてくる新しい髪の毛の為の、大切なヘアケアなのです。ですから、正しいシャンプー方法をマスターしてしっかりとヘアケアしましょう。

まずは軽くブラッシングをしましょう!

まずは、意外と知られていないブラッシング!ブラッシングをする目的は、頭皮に溜まった汚れを浮かしたり、髪の毛の絡みをほぐす為に行います。特に、フケや、頭皮の皮脂が気になる方は必ずするようにしてください。それから、短髪の人も頭皮に溜まった汚れを浮かす目的で優しく軽いブラッシングをするようにしましょう。ここでの注意点なのですが、くれぐれも、ゴシゴシしないようにしてください。あくまでも、優しく、軽くブラッシングです。※整髪料等を使用している場合は、手で優しくほぐしてください。整髪料のホールド力が強い場合は、この項目のブラッシングは避けてください。

お湯で頭皮をやさしく予洗いしていきます!

次は、シャンプーをしていく前にしっかりと予洗いしていきます。(※先程の項目で整髪料等を使用していてブラッシングが困難な方は、この項目からはじめてください。)ここでの注意点は、予洗いです!予洗いですから、髪の毛を濡らすだけではなく、しっかりと頭皮に溜まった汚れやフケを洗い流す感覚で洗っていきます。しっかりと、指の腹でマッサージする様な感覚でお願いします。しばらくすると、頭皮に溜まった皮脂や汚れが、流れ落ちて気持ち良くなってきます。特に整髪料を使用している方はしっかりめに予洗いをお願いします。ここで、しっかりと皮脂や汚れを落としておくと、後にするシャンプーの泡立ちが良くなり、シャンプーの効果が存分に発揮されます。
※シャンプーを使用した2度洗いはできるだけしないようにしましょう。
※整髪料を使用していて、お湯だけではどうしても落ちない場合は、少量のシャンプーを使用して、必ず手のひらで泡立ててから髪の毛に付いた整髪料だけを落とすような感じで予洗いしてください。

シャンプーを手のひらで泡立ててからマッサージ

予洗いが終わりましたら、次はシャンプーをしていきます。ここでの注意点は、シャンプーを直接頭皮につけない!です。まずは手のひらにとってから泡立てましょう。なぜかと言いますと、直接シャンプーを頭皮に付けますと、きれいに洗い流せなくなってしまうからです。直接頭皮に付けてから、マッサージをする人がいますが、これはNGです。頭皮への無駄な負担になること間違いないので、今後は気をつけましょう。

たっぷり泡立ってきましたら、洗髪していきます。この時点での注意点は、下から上へのマッサージです。もちろん髪の毛もきれいに洗っていきますが、シャンプーの一番の目的は頭皮をマッサージすることです。ですから指の腹や手のひらを使って、ゆっくり優しくマッサージしてください。指を広げたり縮めたりしながら、下から上へ頭頂部の方へ向かう感じで優しくしっかりとマッサージしていきます。もう1つ注意していただきたいのが、絶対に爪を立てない!それから、頭皮を擦るのではないという事を頭に入れておいてください。ここでおすすめなのは、スカルプケアシャンプーを使うという事です!スカルプケアシャンプーは【頭皮の汚れをしっかりと落とす+頭皮に潤いと栄養を与える】等の役割があります。ですから、上質なスカルプケアシャンプーで頭皮に潤いと栄養を与えてから洗い流すようにしましょう。ご興味がある方は、一度お試しください。
(※当サイトおすすめのスカルプ商品は最下部でご紹介しています)

洗い残しが無いように、しっかりと流しましょう!

シャンプーでしっかりとマッサージした後は、しっかりと洗い流しましょう。シャンプーの洗い残しがあると、フケや痒みの原因になりますのでご注意ください。多くの方は、自分では気づいていないが洗い残しがあります。髪の毛に付いた泡は落ちていても、頭皮にはしっかりとシャンプーが残っています。ですから、きっちりと髪をかき分けながら、マッサージする様な感覚で、頭皮にぬめりが残っていないかチェックしながら洗い流してください。この時の水圧はしっかりめにお願いします。それから、頭皮のシャンプーをしっかり落とした後は、顔や体にシャンプーが残っていないかチェックしてください。もし残っていたなら。きれいに洗い流してください。ニキビや肌荒れの原因になりますので。

コンディショナーを使用する場合は…

短髪の方はコンディショナーやトリートメントを使用することは無いと思いますが、髪の毛が長めの人はコンディショナー、トリートメントのどちらかを使用すると思います。ここで注意してほしい事があります。スカルプ系を除いた、コンディショナーやトリートメントを使用している場合は、髪の毛に付けるものであって、頭皮に付けるものではありません。ですから、もし使用している場合は、髪の毛だけに付けて、しっかりと洗い流してください。短髪の方でも、コンディショナーやトリートメントを使用したい場合は、スカルプ系の物をご使用ください。

洗髪後はしっかりと乾かしてください!

最後は、しっかりと乾かすです。意外とみなさん洗髪後はほったらかしと言う人が多いのですが、髪の毛にとっては濡れたままの状態は非常に良くないのです。髪の毛は濡れたまま放置しておくと、とても傷みやすく、不安定な状態になってしまい引っ張る力に弱くなってしまいます。ですから洗髪後はしっかりと乾かしましょう。

まずはタオルドライからしていきます。タオルドライの注意点は、頭皮を擦らずに、髪の毛を抑えるような感じで拭いていきましょう。この時に軽く叩くのはOKです。言葉で伝えるのは難しいのですが、拭き取るというよりも。水分をタオルで吸収させると言うような感じですね。そして、タオルドライが完了しましたら、次はヘアドライヤーで乾かしていきます。

ドライヤーはあてすぎ注意です!ドライヤーは熱すぎず、近すぎずでお願いします。ドライヤーの風が熱すぎると、頭皮や髪の毛にダメージを与えます。つまり、乾燥しすぎてドライヘアを生んでしまうのです。ですから、熱すぎない温度で、極力頭から離して万遍なく乾かしていきます。それから、ドライヤーでの乾かしすぎも注意ですので、9割程乾いたら、あとは自然乾燥で良いでしょう。

まとめ

以上が、正しい洗髪方法の説明になります。文章にすると、大変な作業に思えてきますが、実際やってみるとなんてことないです。慣れればそれが普通になり当たり前になってきます。しかし、この記事を見ながらシャンプーをすることは無理だと思うので、まずはシャンプーをしっかりと泡立ててから、髪の毛に付け、そして、しっかりと頭皮マッサージをして、しっかりと洗い流すという事を頭に入れておいてください。それから、くれぐれも注意してほしいのが、爪を立ててゴシゴシ洗わないという事です。これをしてしまうと、大切な頭皮がボロボロになってしまいます。血行促進どころの騒ぎじゃなくなってきます。男性の方は特に爪でゴシゴシやりがちなので、ご注意ください。シャンプーはあくまでも、頭皮マッサージなのです。ですから、指の腹部分で優しくしっかりとマッサージしてあげて下さい。

当サイトおすすめのスカルプシャンプー

  • プレミアムブラックシャンプー
    「洗う」+「3分ヘアパック」
    この1本で頭皮と髪を目覚めさせる。
    公式サイトでプレミアムブラックシャンプーの詳細をチェック
  • BUBKAスカルプケアシャンプー
    スカルプシャンプーの常識が変わる!
    濃密アミノ酸系本格スカルプシャンプー
    公式サイトでBUBKAスカルプケアシャンプーの詳細をチェック
  • AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します