毛周期と髪の毛の役割

このサイトにたどり着いたあなたは、薄毛に悩んでいると思うのですが、薄毛対策で薬局等で簡単に手に入る市販の育毛剤等を購入する前にまずは、髪の毛の仕組み等の基礎知識をしっかりと勉強しておきましょう。そこで今回は、わたしたちの髪の毛がどのようにして生えてくるのか?どのようなサイクルで生え変わるのか?や、髪の毛の重要な役割について勉強していきたいと思います。

髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)

みなさんは髪の毛のサイクルについて説明できますか?と聞かれてスラスラと説明できる人はまずいないでしょう。そこで、髪の毛はどのようなサイクルで生えているのか、どのようにして生え変わっているのかを解説していきたいと思います。髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)があります。簡単に説明しますと、今生えている髪の毛はいずれ抜け落ちて、新たに髪の毛が生えてくるのです。そしてこの毛周期(ヘアサイクル)には個人差があり、一般的には、【男性2~5年】【女性4~6年】と言われています。この毛周期は大きく分けると、【成長期・退行期・休止期】というような感じに分かれます。

【毛周期(ヘアサイクル)】

成長期⇒髪の毛を成長させる時期で、毛母細胞が分裂を繰り返し行っています。成長期は約2~6年と言われていて、髪の毛全体の85~90%を占めています。
退行期⇒成長を終えた毛球部が縮小をはじめていく時期で、髪の毛を成長させていた毛母細胞の分裂が減少していきます。退行期は約2~3週間程で髪全体の約1%程度だと言われています。
休止期⇒毛母細胞の活動が止まり、髪の毛が頭皮にとどまっているだけの状態です。そして、自然に髪の毛が抜け落ちます。休止期の期間は2~4ヶ月で10~15%と言われています。

シャンプーやブラッシング等で髪の毛が抜けやすくなる時期が、退行期・休止期となります。この時期に髪の毛が抜けるのは自然なのですが、あまりにも多く抜け落ちる場合は注意が必要です。退行期や休止期に抜け落ちる髪の毛の本数が100本以内であれば問題ないでしょう。また脱毛が多い方は、成長期の期間が極端に短く、休止期の期間が長いというようなヘアサイクルの乱れが生じています。このような状況が続くと薄毛になってしまいますので、しっかりと頭皮ケア等を行い、きちんとしたヘアサイクルを保てるように努力しましょう。

意外と知らない髪の毛の役割

みなさん髪の毛はカッコだけで生えていると思っていませんか?薄毛はカッコ悪いとか恥ずかしい、と言うような簡単な問題ではないのです。髪の毛は、人間の身体にとって、とても重要な役割を担っているのです。ですから、薄毛はかっこだけの問題ではなくとても深刻な問題ですので、髪の毛の役割について少しでも多くの知識を、この記事で身につけていってください。まずは、髪の毛がどのような役割を持っているのかリストアップしてみます。

  • 紫外線から頭皮を守る
  • 衝撃から脳や頭皮を守る
  • 暑さや寒さから脳や頭皮を守る
  • 髪の毛を通して有害な重金属類を体外に排泄している
  • 感覚器や触覚器の働きがある
  • 以上のような役割が、髪の毛にはあります。如何に髪の毛が重要かわかりますよね!それでは、簡単に解説していきます。

    紫外線から頭皮を守る

    紫外線は薄毛の方にとって天敵です。と言うよりも、皮膚にとっての天敵ですね!つまり、髪の毛は頭皮を紫外線から守る役割があるのですが、髪の毛が薄くなることによって、その役割が果たせなくなってしまうのです。紫外線には多くの皮膚病となる原因が含まれています。代表的な例をあげますと「皮膚がん」等もそうです。髪の毛があることによって、紫外線が遮断され、頭皮を守ってくれているのです。

    衝撃から脳や頭皮を守る

    髪の毛は、身体の一部でありヘルメット的な役割を果たしてくれます。髪の毛があることによって、転倒時に頭をぶつけても、たんこぶができる程度で済みますが、髪の毛が無いとたんこぶ程度では済まないと思います。ですから、髪の毛は自前のヘルメット的存在でとても重要なのです。

    暑さや寒さから脳や頭皮を守る

    髪の毛は、脳を守ってくれています。私達人間の脳は高温や低温に非常に弱い臓器です。脳は人間にとって、最も重要な臓器なのです。ですから、髪の毛が無くなることによって、脳を高温や低温から守れなくなってしまいます。

    髪の毛を通して有害な重金属類を体外に排泄している

    一般的にはあまり知られていませんが、私達人間は日々の食生活を通して、食品類等から私たちの身体に有害な「水銀・カドミウム・ヒ素・鉛・銅」といった重金属類が体内に吸収されています。考えるだけで恐ろしいのですが、これらの重金属類は通常、髪の毛や、体毛、汗等を通して身体の外へ排出されています。ですが、髪の毛が薄くなることによって、これらの機能が低下して、内臓への負担をかけてしまう事になるのです。髪の毛は頭皮や脳を守っているのですが、実は内臓も守る役割があったのです。

    感覚器や触覚器の働きがある

    髪の毛は、感覚器や触覚器の働きがあリます。実は髪の毛は、小さな刺激に反応して、私たちに危険をしらせる役割があるのです。みなさんあまり意識はした事が無いと思いますが、頭にある、毛根は知覚伝達神経という神経と繋がっていて、そういう危険信号的なものを知らせてくれているのです。

    まとめ

    以上になりますが、髪の毛が如何に重要で、カッコばかりで生えていないという理由が分かっていただけたと思います。髪の毛は私達人間の健康維持にとって必要不可欠な存在なのです。ですから、この記事を読んでいただいた方は、一刻も早くAGA治療を受けていただくことをおすすめします。薄毛はカッコ悪いだけでなく、大切なあなたの身体にまで影響を及ぼす危険な病気なのです。もう結婚しているから、彼女なんていらない、別にハゲでも構わんよ!なんて言っている場合ではないという事です。

    AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します