生活習慣でAGA(薄毛)対策

食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足等いろいろと生活習慣を改善しないといけないことは、山ほどあると思います。この、生活習慣病ともいえる事なのですが、髪の毛に大きく影響してくることを、あなたは知っていますか?私は薬を飲んでいるから大丈夫!などと言っていると、大変な事になります。本当は、薬は飲まない方が良いに決まってますからね。つまり【クスリ=リスク】という事です。しかし、どうしても薬を飲まざるを得ないような状況にある人は服用してください。私が言いたいことは、薬にばかり頼らずに、自分で改善できることは努力するという事です。それでは生活習慣の改善に関するお勉強を始めましょう。

薬等に頼らず出来ることをする

AGA治療も、もちろん大事なのですが、薬や治療ばかりに頼らずに、自分で改善できる「生活習慣」にも目を向けていきましょう。AGAの進行を抑えるには、さまざまな育毛ケアが必要なのです。この記事では、AGA治療を進めていく上で、平行して自分でできるAGA対策の方法をご紹介します。ですが、専門の医師から、薬の服用を促されている場合はきちんと服用してください。AGAの治療薬「プロペシアは」自己判断で服用の中断をしてはいけません。

生活習慣の改善

わたしたち人間の髪の毛にとって、良い習慣と悪い習慣があります。毛にとって良い習慣を、普段から日常に取り入れて生活していくことを心がけましょう。その中で、最も気をつけていただきたい事が、「血行促進」「栄養バランス」です。この2つはAGA対策にとっても大事な事なので、しっかり勉強してくださいね。

血行促進でAGA対策

育毛にとって、とても重要な血行促進についてお話しします。AGAによる薄毛の原因の1つとして、頭皮や毛根の血行が著しく低下する為に起こると言うことも考えられます。もちろん、男性ホルモンが大きく影響している場合がほとんどなのですが、日常的に血行促進を心がけることで、頭皮や毛根、毛に栄養が届きやすくなります。まずは、頭皮や毛根、毛に栄養を送る導線である血管を充分に確保してあげて下さい。血行促進の為には、頭皮マッサージやスカルプケアシャンプーを使用して、頭皮環境を良くする事が有効です。頭皮環境が良くなると、フケや痒みも消え、頭皮が潤い、弾力のある柔らかな頭皮が出来上がるのです。ですから、血行促進の為にも頭皮マッサージは日常的にクセづけてください。それから、スカルプケアシャンプー等も使うとなお良いと思います。

頭皮部分の血行の重要性

髪の毛(頭皮)は、わたしたちの身体の中で最も細胞分裂が活発に行われる場所です。ご存知かと思いますが、通常であれば髪の毛は1日に0.3~0.4mm程伸びています。つまり、1ヶ月に平均して約1cm伸びていると言うことです。

人間の髪の毛は、一般的には約10万本生えていると言われています。ただ、その人種の持つ色素(髪の毛の色)等で多少違いがあるみたいですが、我々日本人の黒髪で約10万本と言われています。しかし、日本人の中でも、個人差があり多い人では14.5万本とも言われています。そうすると、1ヶ月に髪の毛が伸びる長さを計算すると【10mm×100000本=1000000mm】全体で1000メートルも1ヶ月に髪の毛が伸びていると言う計算になります。こう考えると、頭が如何に細胞分裂が活発な部位で、大量の栄養が必要かがわかると思います。

ですから、頻繁に細胞分裂を繰り返す毛母細胞に栄養を十分に送る為には、血行が良いということが大前提になるのです。髪の毛を生成する成分は主にタンパク質です。その栄養分であるタンパク質を運搬するのが血液です。血液は血管を通って、頭皮の下部分にある毛細血管へと栄養分を運搬するのですが、その毛細血管が血行不良を起こしていれば、どれだけ髪の毛に良い栄養分を摂取していても、髪の毛まで届くはずが無いのです。

頭皮マッサージはもちろんのこと、頭皮の血行を少しでも良くする為に生活習慣の改善等も必要になってきます。一度自分の頭皮を触ってみてください!どうですか弾力があり潤っていますか?それともカチカチに固まっていますか?頭皮が硬い方は要注意です。それから肩こりがひどかったり、手足の先が良く冷える方も血行不良の疑いがあるので注意が必要です。

栄養バランスでAGA対策

AGA治療薬で5αリダクターゼの制御ができたとしても、先ほども言いましたが、問題の毛に栄養を届けないといけません。なぜなら、いくら薬で5αリダクターゼを制御していても毛が栄養失調だと薄毛は改善されません。AGAの人やAGAでは無い人も、毛に必要な栄養が不足していると、薄毛、抜け毛が発生し、結果としては「ハゲ」になってしまいます。

特に食生活の乱れは、毛に良くありません。思い当たる節がある方は、食生活を見直す様に心がけましょう。また、栄養バランスや食生活の乱れによる、消化不良や内臓系の機能低下は、毛の栄養不足になってしまうので育毛にとって良くありません。ですから、体の内側から、対策を行うという意味で栄養バランスを整えるという事は、非常に効果的な手段と言えます。肝機能や消化器系の機能低下による栄養障害は、薄毛の天敵です。薄毛改善の為にも、日ごろからバランスの良い食生活を心がけましょう。

髪の毛を生成する為に、最も重要になってくる三大要素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」です。日々の食生活で、不足しがちな栄養分はサプリ等で摂取する方法もあります。ですが、最も注意してほしいのが、大量にサプリ等を服用すること!これは1つ間違えると、逆効果になります。サプリの成分によっては、過剰摂取により脱毛を引き起こす作用をするものもあります。ですから、くれぐれもサプリ選びにはご注意ください。それから、バランスの取れた食生活に関しても、今回記事にする予定でしたが、少し長くなりすぎたので、次回詳しく説明させていただくことにします。

まとめ

いかがでしたか?日々の生活習慣が如何に大切かと言うことが良く分かったと思います。血行不良を起こすと、抜け毛を促進させ薄毛になると言うことが良く分かりますね。ですから日々の頭皮マッサージ(シャンプーの方法)や、食生活には十分気を使い、血行促進を目指してがんばりましょう。食生活を少し変えるだけでも髪の毛にとって、とても良い方向へと進みます。今回の記事では少し長くなりすぎたので、食生活に関する内容は控えさせていただきましたが、次回はバランスの取れた食生活等について記事にしていきたいと思います。

長文にお付き合いいただきありがとうございます。髪の毛は、日々の生活習慣を少し変化させるだけでも現状と大きく変わっていきます。もちろん良い方向へと変わると言うことです。ですが、少しの期間であきらめてしまう人が多すぎるのです。あきらめずに継続することです!「継続は力なり」と住岡夜晃と言う人が言ってました。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します