髪の毛が生える仕組み

一般的にはあまり知られていないことなのですが、髪の毛は皮膚の一部が変化したものなのです。髪の毛は、皮脂腺や汗腺と一緒に胎児の発育と共に発生し、皮膚の発生に伴って生まれてきて、角化の形成が進行してはじめて1本の髪の毛となるのです。

髪の毛はこうして生えてきます

髪の毛が生える発毛のメカニズムは、初めに毛包が作られることによってはじまります。毛包は胎児のときに皮膚が陥没してできます。そして、その下に毛母細胞と言う、髪の毛の製造工場的なものがあり、そこで細胞分裂が行われることによって、髪の毛が生成され育毛していくのです。髪の毛の成長に必要な栄養素は18種類のアミノ酸から成るケラチン(ケラチンについてはこちら)と言うタンパク質で、これらは毛細血管によって運搬されます。

そして、ご存知の方もいらっしゃると思いますが髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)があります。髪の毛は毛母細胞が刺激を受けることによって、成長し太く長い髪の毛へと育毛するのですが、この生長期間が男性と女性でそれぞれ異なります。男性で3~5年、女性で4~6年と言われております。髪の毛は始めは細くて柔らかい髪の毛なのですが、成長するにつれて、太くて硬い髪の毛へと変化していきます。やがて、髪の毛は成長が止まり(休止期)抜け落ちてしまいます。そして、古くなった髪の毛は頭皮の上部へと上がっていき、下の部分では、新しい髪の毛が準備(毛芽の発生)しています。

通常毛穴の状態が、健康であれば古い髪の毛が抜け落ちた後すぐに新しい髪の毛の発毛が始まるのですが、ホルモンバランスの崩れや、ストレス等の原因でこうした生え変わりの作業がうまくできない場合があります。このような状態が続くと、髪の毛が抜け毛ばかりになり、薄毛になってしまうのです。髪の毛は、それぞれが独立したヘアサイクル(毛周期)があり、独自に生え変わっていくのです。

それから、髪の毛は年を重ねるごとに少しづつ変化していきます。生まれてすぐの乳児や幼児は髪の毛が細くて柔らかいのですが、10代に入ってくるとしっかりとした太くて硬い髪の毛へと変化していきます。成人の毛表皮と乳児や幼児の毛表皮の厚みを比べてみると、乳児や幼児の物は成人に比べて半分ぐらいの厚みしかありません。10代に入ってくると成人とほぼ変わらないしっかりとした髪の毛になってきます。

私たちの髪の毛は、毛根の一番下の部分にある、毛乳頭から栄養を受け渡された毛母細胞が刺激を受け、細胞分裂を繰り返し髪の毛が生成されて、上の方に押し上げられます。そして日々成長していくのです。しかし私達の髪の毛は毎日約60本ほど脱毛を繰り返し行っています。私達の髪の毛は、1つの毛穴から3~5本程髪の毛が生えています。その内の主毛と呼ばれるもの以外の毛は3.4~6.7年前後の周期で脱毛と発毛を繰り返し行っているのです。

ですから、自然とみなさんの髪の毛は抜けるものなのです。とくに心配はいりませんが、1日に100本以上抜け毛がある場合は、専門のクリニック等に相談してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?髪の毛が皮膚の一部だったなんて、当時の私も知りませんでした!しかしAGA治療と出会ってから、なぜ人間はハゲるのか?そして、なぜ私なんだ?と思うようになり、徹底的に髪の毛について、調べることにしました。そのおかげで、髪の毛の知識は人1倍付き、髪の毛を元の元気な姿に戻してあげることに成功しました!とは言ってもAGA治療薬「プロペシア」は服用していますが…。ですが、AGA治療を行い、さらに自分でできることは、がんばってみる!これが発毛・育毛にとって一番の近道だと私は思います。

できれば、薬を飲まない方が良いのですが、今の私は薬を辞めてしまうと、ダイエットではございませんが、リバウンドが起きそうで少し、ビビッています!しかし。このような髪の毛の生える仕組みを、少しでも理解することで、髪の毛の成長にとって必要な栄養素が分かったり、抜け毛や薄毛になる原因が分かったりしますので、AGA治療と直接の関係はなくても、発毛や育毛には必ず必要な知識となってきますので、覚えておいてください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します