髪の毛の基本構造と主成分

髪の毛の基本構造や髪の毛の主成分について、解説していきたいと思います。私たちが普段目にしている髪の毛は毛幹部と言います。そして髪の毛の主成分はケラチンと言うタンパク質を主成分として生成されています。そこで今回は、髪の毛が3層構造になっている事や、髪の毛の主成分であるタンパク質について詳しくお勉強していきましょう。

髪の毛の基本構造

まずは、髪の毛の基本構造なのですが、髪の毛は3つの層に分かれています。これは、多くの方が知っていると思いますが、詳しい内容まで把握している方は非常に少ないと思います。髪の毛は中心から、メデュラ(毛髄質)コルテックス(毛皮質)キューティクル(毛表皮)という様な型で3層になっています。ではそれぞれの部分について解説していきます。

メデュラ(毛髄質)

少量のメラニン色素を含み立方体系の細胞が蜂の巣のように並んでいて、内部には空気を通す穴が開いていて、その穴に空気が溜まる仕組みになっています。メデュラは空気を溜める働きを持っていて、高温や低温から脳や頭皮を守る働きがあります。成分としては、タンパク質と脂質で構成されています。そして、メデュラは髪の毛の太さやコシの強さに大きく関わっていて、メデュラのが太いと、太くて硬い髪の毛になります。産毛や、赤ちゃんの髪の毛は細くて、コシが無いので、メデュラが無い状態と言われています。

コルテックス(毛皮質)

髪の毛の大部分を占めているのがコルテックスになります。メラニン色素を含む細い繊維状のタンパク質が集まり束になっています。このメラニン色素によって、髪の毛の色が決まっています。また紫外線から頭皮を守る働きもあります。人種によって髪の毛の色が違うのは、このメラニン色素の量が違う為です。

キューティクル(毛表皮)

キューティクルはみなさんも聞いたことがあると思います。キューティクルは髪の毛の表面のウロコの様に固く、透明な細胞が重なり合ってウロコ状になっています。ウロコ状になっていることで、外部からの汚れが付きにくく、内部からの栄養素が逃げにくい仕組みになっています。このキューティクルが壊れると、手触りや見た目に大きく影響し、毛身の毛の水分を保持することができなくなる為、パサパサで柔軟性のない髪の毛になってしまいます。

以上が髪の毛の基本構造となります。こちらの内容も知っていて損は無いと思いますので、要チェックです。それから、髪の毛は皮膚等と違い自然治癒能力が無いので、一度傷ついてしまうと、生え変わるまで傷付いたままの状態となります。ですから、大切にケアしていきましょう。

髪の毛の主成分

髪の毛の主成分はタンパク質です。というか、人間の身体は主に水分とタンパク質で構成されています。髪の毛はケラチンと言うタンパク質で形成されています。このケラチンは、18種類のアミノ酸が結合してできるタンパク質なのです。ですから、巷でよく言われるアミノ酸系のシャンプーが髪の毛や頭皮に良いというのは髪の毛の主成分がアミノ酸から成るタンパク質だからなのです。そして、このケラチンなのですが、髪の毛だけではなく、皮膚や爪等の角質層も形成する成分となっています。あまり知られていませんが、実は髪の毛は皮膚が変化したものなのです。つまり皮膚の延長にあるものという事です。ケラチンの特徴としましては、弾力があり、水分を含んだ繊維状の細長い形状をしていて、アミノ酸の配合により2種類に分けられます。1つは硬ケラチンと言って、髪の毛や爪を構成するケラチンで、もう1つは、軟ケラチンと言って、皮膚の角質層を構成しています。それでは、ケラチンの18種類のアミノ酸の正体を細かく見ていきましょう。

髪の毛を構成する18種類のケラチン

アミノ酸名
含有率(%)
アミノ酸名
含有率(%)
グルタミン酸
15.00
プロリン
6.75
シスチン
13.72~16.00
グリシン
6.50
ロイシン
11.30
チロシン
5.80
アルギニン酸
10.40
バリン
4.72
セリン
9.41
アラニン
4.40
アスパラギン酸
7.27
フェニルアラニン
3.70
スレオニン
6.76
リジン
3.30
メチオニン
0.71
トリプトファン
0.70
ヒスチジン
0.70
ヒドロキシプリン
0.21

成分としてのケラチンの特徴は、繊維等のタンパク質にほとんど含まれないシスチンと言う成分を約16%も含んでいるという事です。

シスチンとは

シスチンとは、含硫アミノ酸(硫黄成分を持つアミノ酸)で、ケラチンを構成する上記表の18種類のアミノ酸の1つである、メチオニンからも合成されるのですが、メチオニンは体内では合成されることのない必須のアミノ酸なのです。私たちが生命を維持する為に必要なアミノ酸の中でも特に重要な成分で、メチオニンは先述しましたが、体内では合成されることが無いので、植物等から摂取しなければならないものなのです。つまりメチオニンは髪の毛を構成するのに必須のアミノ酸なのですが、日々の食生活で取り入れていかないといけないという事です。では、このメチオニンが含まれる食材なのですが以下の物があげられます。「大豆・牛乳・レバー・玉子・肉・魚・小麦粉(全粒粉)」等から摂取することが可能です。ですから、こちらの食材を、日々の食生活の中でバランスよく取り入れていきましょう。育毛の為にはこの、メチオニンをしっかりと取り入れて、シスチンを体内にしっかりと蓄えましょう。

さて、ここで注意が必要なのですが、シスチンは「アセトアルデヒド」の分解に消費されます。ではアセトアルデヒドとは一体何なのでしょうか?アセトアルデヒドとは、飲酒することによって発生してしまう、有害な成分です。ですから、せっかく体内に蓄えたシスチンも、飲酒することによって失われるという事です。ですが、少量の飲酒ならそこまで気にすることは無いでしょう。過度な飲酒は育毛に必須なアミノ酸のシスチンを、アセトアルデヒドの分解の為に、大量に消費してしまう事になるのでくれぐれも飲みすぎには、注意しましょう。

その他、パソコンやTVゲーム、スマホ等を長時間利用し続けると、網膜が疲れてしまいます。網膜の疲れにもシスチンは消費されますので、できるだけ控えるようにしましょう。人間の身体で栄養が送られる順番は、髪の毛が一番最後になります。ですから、髪の毛にシスチンが届く前に、髪の毛以外の箇所でシスチンが必要な個所があれば、そちらを優先する為どうしても髪の毛は後回しになってしまいます。そうなると、髪の毛の育毛に必須なシスチンが、髪の毛に送られなくなってしまうので、結果薄毛となってしまうのです。ですから、何度も言っていますが、育毛・発毛にとって、何事もバランスのとれた生活習慣が必要という事ですね。シスチンの無駄遣いはやめましょう。

まとめ

髪の毛の基本構造と主成分について解説しましたが、キューティクルと言う言葉はみなさんも聞いたことはあると思うのですが、他のメデュラやコルテックスと言う言葉は、はじめて聞いたという人がほとんどだと思います。ですが、今回で髪の毛の3層構造についてマスターしていただけたと思います。それから、髪の毛の主成分についても解説しましたが、特に重要なシスチンを無駄遣いしてはいけないという事ですね。ゲームが好きな方や、最近では暇があればスマホゲームをしている方等は注意が必要ですね。それから、お仕事でパソコンを頻繁に使う方もご注意ください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します