髪の毛を生成する三大要素

みなさんの大事な髪の毛を少しでも多く、太く、長く、しっかりとした毛を作る為には以下に上げる三大要素がとても大事です。日々の食生活を改善し、元気な髪の毛を取り戻しましょう。という事で、今回は髪の毛を生成するのに、最も重要な栄養分についての勉強をしていきたいと思います。多くの方は、髪の毛はタンパク質から生成されているのは分かっていると思うのですが、そのタンパク質を何の食材から摂取すればよいのか分かる人は、少ないと思います。タンパク質と聞けば肉と思い浮かぶと思いますが肉ばかり食べていると…。

髪の毛の原材料はタンパク質です!

みなさんの大事な髪の毛の主成分はタンパク質です。タンパク質は髪の毛を健康に成長させるうえでの最も重要な栄養素の1つです。巷ではアミノ酸が重要だと言われていますが、タンパク質とアミノ酸は同じと思っておいてください。

例えば、アミノ酸はタンパク質として存在していますので、お肉を食べるとアミノ酸に分解してから人間は吸収して、そのアミノ酸を使って、遺伝子のプログラムに従って、人間のタンパク質を作っているという事なのです。それから、タンパク質には動物性の物と植物性の物と2種類あります。

動物性タンパク質は「肉・魚・タマゴ」植物性のタンパク質は「豆腐・納豆」つまり豆類です。2種類のたんぱく質をバランスよく摂取する方が良いのですが、今回は薄毛対策という事もあって、植物性タンパク質である豆類を優先的に摂取する方が良いでしょう。なぜなら、動物性タンパク質は、内臓に脂肪が付きやすく、肝機能や消化器系の機能低下や血行促進には良くないので、おすすめはしません。それに、メタボでハゲだと嫌になりますよね!ですから、極力植物性タンパク質を摂取するようにしましょう。

亜鉛はビタミンの吸収を良くしてくれます!

髪の毛の主成分であるタンパク質を、毛髪合成する際に必要になってくる栄養差が「亜鉛」と言われています。亜鉛とはミネラルの1種です。この三大要素の中でも一番不足になりがちなのがこの亜鉛です。亜鉛と言われてもピンと来ないですよね?亜鉛は主に肉類、魚類、穀物に多く含まれています。

その中でも多く含まれているものは牡蠣や牛肉になります。ですが、牡蠣を頻繁に食べるわけにもいかないし、牛肉の食べすぎはメタボになるので、亜鉛に関しては、亜鉛がたくさん含まれているサプリ等で補うのも1つの方法かもしれませんね!

ビタミンを摂って頭皮環境の改善をしよう!

ビタミンを摂って現在の頭皮環境を正常化していくのですが、ビタミンと言っても種類が多すぎて、どのビタミンが髪の毛に良いのか?わからないですよね!そこで、育毛に最も適しているビタミンをご紹介します。

ビオチン

ビオチンはビタミンB群の一種でビタミンB7やビタミンHと呼ばれることもあります。髪の毛の育毛には欠かすことのできないのがビタミンB群です。ビオチンは毛細血管を太くする働きがあり、毛細血管が太くなることで新陳代謝が活発になり、髪の毛と頭皮の健康維持と寿命を延ばす働きをしてくれます。あと、コラーゲンを生成する働きもあるので、美容的にも注目されることが多いです。それから、髪の太さにも関係しています。

ビタミンB2・B6・E・C

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあり、不足すると、皮膚や粘膜に影響を与えるので、頭皮があれてフケや、痒みの原因となります。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に効果を発揮するビタミンです。亜鉛の働きを助け、髪の毛を生成しているケラチンと言うタンパク質の合成に役立ちます。ビタミンB6が不足すると皮膚炎や、貧血にもなり、頭皮環境が非常に悪くなると言われています。

ビタミンEは血管の拡張作用があります。ですから、血行不良は頭皮への栄養供給を阻害する為、薄毛対策には効果的です。ビタミンC類と一緒に摂取すると吸収率が高まり良いと言われています。

ビタミンCは疲労回復や、髪の毛を強くするコラーゲンを合成する効果や、亜鉛の吸収を高める効果があります。また、ビタミンCが不足すると、ストレスの原因となり血行が悪くなりますのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?タンパク質の重要性や、どのように摂取すればよいか分かっていただけたと思います。今後は、動物性タンパク質を過剰摂取しないように気をつけましょう。薄毛でメタボになっちゃいますからね。それに、日々の食生活で全てを補うのもなかなか難しいと思います。そういう時は、サプリメント等で補いましょう。それから、今回はじめて聞いたと思いますが「ビオチン」、こちらも髪の毛の育毛や発毛にとっては必須のビタミンという事ですね。今回勉強した内容は、今後の為にも覚えておきましょう。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します