AGA 薄毛になる習慣

この記事では、薄毛いわゆる【AGA(男性型脱毛症)】になりやすい習慣をまとめてみました。あなたにも思い当たる節があると思いますので、ご注意ください。下記に薄毛に関係する代表的な習慣を3つ上げたのですが、これはかなりの確率で薄毛を引き起こします。ですが、急にこれらの習慣を辞めてしまうと、逆効果になってしまう場合があります。つまり、今まで当たり前だったことが急にできなくなる!特に喫煙などに良くみられる症状なのですが、「ストレス」です。急激に禁煙してしまうと、かえってストレスが溜まる一方になり、抜け毛が促進される場合も稀にあります。ですから、当記事を読んでみて、薄毛克服の為にも禁煙を試みてみようという方は、必ず医師の診断を受けてから、正しい方法で試してみてください。

タバコは薄毛の原因です!百害あって一利なし

最近では喫煙箇所が激減してきていることもあって、年々喫煙者の数が減ってきているように思います。タバコは、「百害あって一利なし」と言われているように、人間の身体にとって良いことは1つもありません。むしろ悪いことだらけです。では、なぜタバコは髪の毛にとって良くないのか?という事なのですが、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあります。つまり血管が収縮すると、薄毛の原因である血行不良になってしまうのです。血行不良になると、髪の毛は健康に育ちません。それからニコチンはビタミンCを破壊するので、髪の毛の生成に最も重要な「亜鉛」の吸収効率がとても悪くなります。亜鉛は髪の毛の生成にとって最も重要な三大要素なので、ビタミンCが破壊されるという事は、亜鉛も不足するという事なのです。ですから、薄毛を克服したいのなら、喫煙をやめましょう。ですが、急に禁煙をすると、ストレスが溜まり逆効果になる場合もありますので、必ず医師の診断を受けてから禁煙するようにしましょう。

お酒は薄毛になります!酒豪の方は要注意!

お仕事後のお酒は最高においしいですよね!ですが、飲みすぎ注意です!
お酒は、血行促進効果やストレスにも良いと言われていますが、飲みすぎはやはり良くありません。何度か言いましたが何事もバランスです。お酒は肝臓によって分解されるのですが、肝臓は髪の毛の生成に重要な三大要素の1つの「タンパク質」を生成し、身体に供給するという役割を持っています。ですから、飲みすぎは肝臓に大きく負担をかけてしまうので、タンパク質が十分に作ることができなくなってしまいます。その為、発毛・育毛に大きなダメージを与えてしまいます。先ほども言いましたが、お酒は体にとって良い一面もあります。ですから、飲み方さえ間違わなければ、辞める必要はないと思います。でも飲みすぎは、髪の毛だけではなく身体にも影響しますので、くれぐれもご注意ください。

急激なダイエットは薄毛の原因です!

急激なダイエットは、筋肉量低下、血行不良、ストレス、等で発毛不良の原因となり、薄毛になりやすい身体になってしまいます。ですから、短期間での急激な減量(ダイエット)にはご注意ください。ダイエット自体が直接の薄毛の原因ではないのですが、短期間で急激に減量したり、必要以上に体重を落としたりするダイエット方法は、髪の毛に良くありません。つまり、薄毛の原因になると言う事です。中でも、食事制限をするダイエット方法は、極端に栄養不足になりがちなので、頭部への栄養供給がされにくくなります。そうなると毛母細胞の分裂が十分に行えなくなり、発毛に影響が出ます。また、栄養が不足するという事は、ホルモンバランスも崩れてしまいます。そして、男性ホルモンの分泌が過剰になるとAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因にもなります。

まとめ

いかがでしたか?上記の項目で一番少ないのは急激なダイエットだと思います。男性の方はよっぽどの事がないとダイエットはしませんからね。ですが、それ以外の2項目は、思い当たる方が多数いらっしゃると思います。タバコはなかなか辞めれませんよね?お酒もそうですが、お酒の場合は何も辞めなくても、量をバランスよくしてもらえれば問題ないのですが、タバコは量の問題ではないですからね。タバコを吸っていると、イライラを抑えれる(落ち着)、ストレス解消になる、等と良く言いますが、これは間違いです。タバコこそがストレスを引き起こす要因なのです。それに、イライラもタバコが原因ですよ。タバコについてはまたの期会に詳しく記事にしてみたいと思いますが、いずれにしても、タバコは辞める方が良い!お酒はほどほどに!という事ですね。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します