AGAの原因で疑われる「遺伝」

AGAの原因として、最も疑われている「遺伝」、実は私もはじめはそう思い、ご先祖様を恨みました。しかし、よくよく調べてみると、AGAの原因は遺伝も、もちろん関係しているのですが、それだけではなかったのです!実は自らの生活習慣に大きく関係していました。そこで今回は、遺伝について少し検証してみたいと思います。

AGAの原因として疑わしい遺伝について

AGA(男性型脱毛症)の原因の1つとして「ホルモンバランスの乱れ」について以前解説しましたが、今回は「遺伝」について解説していきたいと思います。さて、この問題の遺伝なのですが、祖父や父親がハゲていたから自分もハゲる!と、世間では言われていますが、実際はそうでもないようなのです。と、言ってしまうとここで「遺伝」についての解説は終わってしまうのですが、その理由を説明していきますので最後までお付き合いお願いします。この「ハゲる」「遺伝」について、ドイツのある研究チームがその研究結果を以下のように発表しています。

「40歳よりも前に薄毛の症状が出始めた男性を集めて、その家系の血液分析を行った結果、X染色体に含まれるアンドロゲン受容体遺伝子(男性ホルモンの一種)に異変があり、これらが髪の毛を抜けやすくしている原因になります。この遺伝子異変が男性ホルモンの分泌を増加させ、薄毛を促進させているというわけです。」

しかし、このX染色体は母親側からしか受け継がれない遺伝子らしいのです。という事は、このドイツの研究チームの研究結果が正しいとすれば、薄毛になりやすい遺伝子は母親からしか遺伝しないと言うことになります。つまり、父親の薄毛の関係よりも、母親の父や祖父の薄毛が子孫に反映されると言うことです。確かに、薄毛の人が多い家系では祖先、子孫共に薄毛が多いと言うのは納得できますね。

何が言いたいのかといいますと、「薄毛は遺伝する」のではなく、「体質」が遺伝するのです。AGAにはいくつかの原因があり、もちろん遺伝による体質も原因の1つなのですが、遺伝だけでは無いと言うことを理解する必要があります。つまり、「遺伝」はその原因の1つにすぎないと言うことです。しかし、薄毛の原因の1つであることには間違いないので、人一倍の頭皮や髪の毛への気遣いや、対策が必要になってきます。

まとめ

現在ではAGA治療の技術がとても進歩している為、早めにケアをすれば髪の毛は少しづつ生えてきます。生えてくると言うか、しっかりと成長するのです。ですから、自分一人で悩まず、あきらめずに、まずはAGA専門のクリニック等で無料カウンセリングを受けてみましょう。

私は経験者だから言えるのですが、抜け毛、薄毛が気になりだしたら一人で悩まず、迷わずAGA専門のクリニックの医師に相談することをおすすめします。悩んでいる間にもAGAはどんどん進行しています。そうです、悩んでいる間にあなたの髪の毛は少しづつですが減っているのです。手遅れにならない為にも、早めの決断を!!

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します