AGAの原因ホルモンバランス

AGA(男性型脱毛症)はDHTと言う強力な男性ホルモンの影響で引き起こる、脱毛症です。そしてAGAは頭頂部、前頭部から発症します。この理由は、男性ホルモンと女性ホルモンの影響を受ける箇所が違うという事です。女性ホルモンは主に、側頭部と後頭部に男性ホルモンは、先程の頭頂部と前頭部にそれぞれ影響を与えます。つまり、AGAの原因は強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の毛の成長を抑制することによって、抜け毛が増えてきて薄毛へとなります。そこで今回は、ホルモンバランスについて勉強していきたいと思います。

AGAの原因の1つがホルモンバランスの崩れ

AGAの原因の1つとして考えられるのがホルモンバランスの崩れです。男性ホルモンの一種に「テストステロン」と言うホルモンがあり、そのテストステロンのほとんどが、睾丸で生成されています。このテストステロンは、男性器や性欲、骨格や筋肉の発達を促す働きがあり、このホルモンに5αリダクターゼ(還元酵素)が結びつくことによって、テストステロンがより強力な男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変化します。このDHT(ジヒドロテストステロン)こそが、AGA(男性型脱毛症)の原因そのものなのです。

このDHT(ジヒドロテストステロン)は毛乳頭の受容体と結合し、ヘアサイクルを極端に短くする作用があります。通常ヘアサイクルは2年~6年と言われていますが、DHT(ジヒドロテストステロン)がホルモンバランスを乱すと、個人差はありますが早い人だと数ヶ月で髪の毛が抜け落ちてしまいます。ヘアサイクルが短縮されると、本来太く、そして長く育つはずだった髪の毛が早々に抜け落ち、数ヵ月後に新たに細い髪の毛が生え始めます。このように、AGAは徐々に進行していき太く長い髪の毛が減り、細くて短い髪の毛ばかりとなる為、薄毛になっていくのです。

AGAの多くの男性は、額の生え際もしくは頭頂部から薄毛になっていきます。なぜかと言いますと、問題のDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5αリダクターゼが生え際や頭頂部に多く存在している為です。aga_sAGAは上記の画像のようなタイプがほとんどです。AGAは一度発症してしまうと、生活習慣を改善しても完治することはありません。ですが、AGA治療と並行して生活習慣の改善をしていくことは、髪の毛にとってとても良い事です。AGA治療を行っていても、生活習慣によっては全く効果が出ないと言うケースもあります。ですから、AGA治療と並行して生活習慣を改善することによって、メタボの解消や、身体の調子がすこぶる良くなり、髪の毛も元気よく成長しますので、ぜひ生活習慣を見直してください。

ホルモンバランスを整えよう!

以上のような説明から、一度ホルモンバランスが崩れて、AGAを発症してしまうと生活習慣の改善だけでは完治しないという事が分かります。では、ホルモンバランスを整えるには何をすれば良いのか?という事なのですが、ホルモンバランスを崩す原因に考えられるのが「ストレス」です。ストレス社会の現代では、切り離すことができない存在となっています。ストレスを溜め込むことで、人間はホルモンに支障をきたすと言われています。

ストレスが原因で起こる、自律神経失調症もそうですが、ストレスを甘く見ないという事です。簡単に言いますと、ストレスはホルモンバランスを司る神経を狂わせてしまうという事です。しかし、人間ストレスを溜めずに日々の生活を送るのは、とても困難な事だと思います。そこで、ストレスを溜めないのではなく、発散する事を意識してください。ストレス発散にはジョギングがおすすめです。有酸素運動をすることで、イライラが解消されストレス発散になります。適度な運動を心がけるようにしてホルモンバランスを整えましょう。

まとめ

ホルモンバランスが崩れるととても恐ろしいことになります。ですから、ホルモンバランスを崩さないように、日々適度な運動を心がけるようにして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。このようにAGAは予防することができます。発症してしまった方は、生活習慣の改善だけで完治することは難しいのですが、あなたのまわりで、AGAになっている方がいらっしゃいましたら、「明日は我が身」と思い、日々の生活習慣を改善する事をおすすめします。AGAを発症してしまっている方も、あきらめずに専門のクリニックでAGA治療を受けながら、並行して生活習慣の改善をしていきましょう。そうすると、元気な髪の毛は復活しますよ。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します