AGA治療薬ミノキシジル

AGAの治療薬として良く知られている「プロペシア」。実はもう1つの治療薬があります!それは「ミノキシジル」です。まぁ知っている方がほとんどでだと思いますが、今回はミノキシジルについて勉強していきたいと思います。プロペシアは服用する育毛剤で、ミノキシジルは頭皮に塗る育毛剤と服用するタイプがあります。国内で販売されていてすぐに手に入るのが、ミノキシジル配合の育毛剤は「大正製薬のリアップ」です、みなさん聞いたことがあると思います。プロペシアもミノキシジルも医薬品なので、基本的には病院等で処方してもらうかたちとなります。

プロペシアとミノキシジルはどちらが効く?

AGA治療には大きく分けて2種類あります。1つは「抜け毛や薄毛の進行をくい止める治療」もう1つが「既に進行して抜け落ちてしまった髪の毛の再生治療」です。ミノキシジルは後者の既に進行して抜け落ちてしまった髪の毛の再生治療の方に活躍します。つまり、ミノキシジルは発毛を促進する働きがあるという事です。AGAの原因が強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)であることは、みなさんもうお分かりだと思いますが、このDHTにより脱毛が開始されてしまった毛根は、髪の毛へ十分な栄養が送れなくなってしまいます。

そして、徐々に毛細血管が収縮し、ついに髪の毛の毛周期が乱れはじめ、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうのです。

そこで、活躍するのがこの「ミノキシジル」なのです。ミノキシジルはもともとは高血圧の治療薬として使用されていました。つまり、ミノキシジルの効果は毛細血管を拡張させて、血圧を下げる働きがあるという事です。毛細血管が広がると、血行促進になり発毛効果があった為、AGAに効果があると認められて、現在ではAGA治療薬として処方されるようになっています。

結論を言いますと、プロペシアとミノキシジルはどちらが効果がある?と言うのではなくて、どちらも効果があるという事です。ただ、薄毛の進行をくい止めるのはプロペシアで、既に抜け落ちてしまった髪の毛を復活させるのがミノキシジルという事です。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけ、毛根に多くの栄養をいきわたらせて、髪の毛の成長を促進する働きをします。脱毛をの進行を抑制するプロペシアとは異なり、ミノキシジルは髪の毛の成長を早める効果があります。ですから、AGAの方はプロペシアとミノキシジルを併用すると、とても効果的であると言われています。

それから、ミノキシジルは塗るタイプと服用するタイプが販売されているみたいなのですが、薬局で手に入るのが塗るタイプのリアップ、服用するタイプはAGA専門のクリニックで販売されているという事です。それから、薬局で手に入るリアップは商品によって含有量が変わってくるみたいです、そちらも説明していきます。

リアップのミノキシジルの含有量

薬局で簡単に手に入るミノキシジル配合の育毛剤と言えば「リアップ」ですが、リアップは2種類あり、ミノキシジルの含有量がそれぞれ違います。ミノキシジルは含有量が多い方が効果があると言われていますが、体質によっては副作用が起き、痒みやかぶれ、それから頭痛等の症状が出る事もあるので注意が必要です。

  • リアッププラス
     種 別:第1類医薬品
     内容量:60ml
     定 価:5239円(税抜き)
     含有量:1.0%(ミノキシジルノ含有量)
  • リアップX5
     種 別:第1類医薬品
     内容量:60ml
     定 価:7048円(税抜き)
     含有量:5.0%(ミノキシジル含有量)
  • 現在薬局で販売されている商品は上記の2種類になります。はじめての方や、脱毛がそれほど進行していない方は「リアッププラスのミノキシジル含有量1%」の方から試してみると良いと思います。脱毛の具合が深刻な場合は「リアップX5のミノキシジル含有量5%」を試してみても良いと思います。一般的に効果が実感しやすいのは、リアップX5と言われています。

    ここで気をつけてほしい事は、早く効果を得たい為に、WEB上で販売されている、ミノキシジル含有量10%等の商品を購入することです。これらの商品は海外製品が多く、どのような結果になるかはわかりません。というのも、プロペシアでもミノキシジルにも言える事なのですが、どちらも副作用があります。ですから、得体の知れないサイト等で、ミノキシジル商品を購入するする際は自己判断でお願いします。

    ミノキシジルの副作用

    ミノキシジルもプロペシア同様に副作用があります。ですがこちらも体質等によって副作用が出る場合とでない場合があります。プロペシアの様に細かい内容が記された添付文書が無い為、よく聞く副作用の症状をご紹介します。

  • 低血圧症
  • 肌荒れ・痒み
  • 多毛症
  • 身体のだるさ・眠気
  • ニキビの発生
  • 手、足、顔の痺れや痛み
  • 性欲減退
  • 頭痛
  • 胸の痛み
  • 以上のような副作用が、よく見られるみたいです。リアップのような塗るタイプはそれほど副作用は目立たないみたいなのですが、服用するタイプのミノキシジルは注意が必要です。服用する場合は、必ず専門の医師の診断を受けてから、処方してもらうようにしましょう。

    ミノキシジル内服が服用できな場合

    ミノキシジルには塗るタイプと服用するタイプがあると説明してきましたが、以下の方は服用できませんのでご注意ください。

  • 不整脈の方
  • 心疾患のある方
  • 褐色細胞腫の方
  • 代謝経路の関係で肝機能障害を引き起こす可能性のある方
  • 上記の内容に心当たりがある方は服用できない場合がほとんどですので、服用を希望される方は専門の医師ご相談ください。上記に心当たりが無い方も、ミノキシジルを服用する際は、必ず専門のクリニック等で検査を受けたうえで、処方してもらうようにしてください。ミノキシジルには血管を拡張させる働きがあります。また心拍を上げる働き等もある為、非常に危険な状態になる事も稀にあります。ですから、他のサプリや薬等と併用して飲んで、大変な事になってからでは手遅れとなります。ですから、必ず専門の医師の診断を受けたうえでご利用ください。

    まとめ

    ミノキシジルの説明は以上になります。私はミノキシジル配合のAGA治療薬等は使用しておりません。私の場合、薄毛になり始めてすぐに皮膚科へと飛び込みましたので、AGA初期の段階で治療を開始することができました。なぜ皮膚科なのかと言いますと、知識がなかったからです。単純に「抜け毛は皮膚科だ!」と思っていたのが正直な理由です。ですが後に知る事になったのですが、AGA専門のクリニックがあるという事です。ですから、当サイトの記事を読み進めてくれている薄毛にお悩みの方は、AGA専門クリニックで、まずは無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。AGAは早めのケアが大切です。

    AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します