カテゴリー別アーカイブ: AGAの原因

AGAとタバコの因果関係

タバコを吸うとハゲる?タバコは薄毛の原因?AGA治療には禁煙が必要?と愛煙家からすると、AGA(男性型脱毛症)治療の為に喫煙をやめるのは、究極の選択になると思います。しかし、タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど身体にとって良い要素が1つも含まれていません。そんなことは百も承知だと思いますが、最近の研究結果では、AGA(男性型脱毛症)と喫煙の関係は、とても悪影響ががあることが分かってきています。ですから髪の毛の事ももちろんですが、身体の健康の為にも禁煙することをおすすめします。身体が不健康だと、必然的に髪の毛も不健康になってしまいます。そんな、害だらけのタバコについて今回は勉強していきたいと思います。

タバコの害

タバコを吸っているほとんどの人が見た事があると思いますが、きれいなピンク色だった肺が真っ黒になってしまった画像。タバコを吸い続けると、肺が完全に真っ黒になり肺がんや呼吸器系器官の疾患をはじめとした病気を身体に与えてしまいます。それにタバコは、内臓系にも悪影響を及ぼし、特に肝臓に影響します。肝臓は髪の毛を生成するのにとても重要な働きをします。つまり、タバコが原因で、肝臓が弱り、髪の毛が抜け落ちてしまうという事です。

そもそもタバコを吸うとどのような害があるのか知っていますか?タバコを吸う、すなわち喫煙とは身体にとって、有害物質を摂り込む行為なのです。その有害物質とは「ニコチン」「一酸化炭素」「シアン化水素」等々、これらの有害物質はほとんどが体内に蓄積されます。尿等で体外へ排泄される分もありますが、ほぼ蓄積されていて健康だった身体が、どんどん不健康な身体へとなっていきます。

不健康な身体で有名な病気が「ガン」「循環器系の疾患」「呼吸器系の疾患」「潰瘍」等もすべてタバコが原因で引き起こります。それに、今回の一番の悩みの「抜け毛」「薄毛」「AGA(男性型脱毛症)」にも悪影響です。改めて考えてみると恐ろしくなってきませんか?少なくとも私は、自分がAGAになったおかげで、禁煙することに成功しましたが。当時は、いろいろと原因解明の為調べましたが、一番恐ろしくなったのはタバコでした。

喫煙による薄毛への悪影響

以上の内容でタバコが薄毛の原因であることが、大体分かっていただけたと思うのですが、本題はここからです。タバコが人体へ及ぼす悪影響で、どのように薄毛へと変化していくのかを解説します。

タバコの有害物質が原因で起こる血行不良

みなさんご存知かと思いますが、薄毛にとって良くない症状の1つが血行不良です。タバコは血行不良を促進させる有害物質なのです。つまり、タバコに含まれるニコチンは、喫煙される事によって、体内へと摂り込まれ、自律神経を刺激し血管を収縮させる働きがあるのです。血管が収縮する事によって血圧が上昇します。一旦血圧が上昇すると、正常に戻るまではしばらく時間がかかります。

そして、血圧が上昇すると、血液の流れが悪くなり問題の血行不良になってしまうのです。私たちの身体に栄養や酸素を送ってくれているのが血液で、その血液の流れが悪くなることで、身体の隅々まで栄養や酸素が行き届かなくなってしまうのです。それに、頭皮への栄養が送られる優先順位は身体の中で一番最後になるので、髪の毛まで十分な栄養や酸素が届かなくなって、結果髪の毛が抜け落ちてしまいます。

なぜ髪の毛が抜け落ちるのかと言いますと、髪の毛は毛根の一番下にある、毛乳頭から栄養を受け渡された毛母細胞が刺激を受けて、細胞分裂を繰り返し髪の毛が生成されて下から上へと押し上げられて伸びてきます。しかし、栄養が行き届かないと、髪の毛が生成されなくなるので、抜け落ちて終わりという事なのです。ですから、髪の毛のコシやハリが無くなってきている人は要注意です。髪の毛を触ってみてください!コシありますか?ハリありますか?なければあなたはAGA(男性型脱毛症)予備軍です。

タバコに含まれるニコチンがビタミン不足の原因

タバコに含まれる有害物質「ニコチン」、このニコチンはあなたの体内に摂取されたビタミンを破壊します。ビタミンにはいろいろ種類があるのですが、中でも栄養の吸収を促進する働きや、髪の毛を強くするコラーゲンを合成する効果があるのがビタミンCと言われています。それから、髪の毛に良い影響を与えるビタミンがビタミンEです。ビタミンEは血行を正常に保つ血管の拡張作用があると言われており、髪の毛の成長にはビタミンCとビタミンEは必要不可欠なビタミンとなっております。しかし、タバコのニコチンがビタミンCを破棄してしまい、ビタミンEが吸収されにくくなり、髪の毛の生成に必要な栄養が毛母細胞まで行き届かなくなり、髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちて、薄毛になってしまいます。もちろんその他にも、髪の毛を生成するにはたくさんのビタミンやタンパク質等の要素が必要になってきます。

喫煙は薄毛の原因、禁煙も…

タバコを吸っている人で薄毛になってきた人や、薄毛になるのが怖くて禁煙を考えている人も少なくはないと思います。しかし、喫煙も薄毛の原因ですが、禁煙も薄毛の原因なのです!「はぁっ!」と聞こえてきそうですが、これは事実です。

では、どうすれば…。まず、喫煙が薄毛の原因である事は、今までの説明でなんとなく分かっていただけたと思うのですが、禁煙がなぜ薄毛の原因になるのかを少しお話しします。薄毛が原因で、禁煙を考えている方や、身体の健康を気遣って禁煙を考えている方や、禁煙を考えている人の理由は様々だと思います。しかし、両者とも注意が必要です。あなたはなぜタバコを吸うのですか?と質問をしたら、100人中80人はこう言うでしょう「イライラを抑える為」、そうなんですイライラを抑える為にタバコを吸うのです。

つまり、タバコを急に辞めてしまうと…。そうですイライラしますよね!イライラが溜まりますよね!【イライラ=ストレス】ですよね~。実はストレスもAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因の1つなのです。ですから「薄毛になってきたから」「身体の健康を気遣って」と、急激に禁煙をするのはストレスが溜まり、AGAの原因となります。ですから、ストレスが溜まらないように上手く禁煙する必要があります。

禁煙をはじめて、イライラするから、喫煙をはじめるのも危険です。実は喫煙こそが「イライラ」の原因だという事をあなたは知っていましたか?みなさん勘違いしているのです。タバコこそがイライラさせる輩なのです。タバコの成分のニコチンは、上記でも述べましたが、あなたの身体の中の大切なビタミンを破壊します。そして、あなたの身体はビタミン不足となり「イライラ」がはじまるのです。知ってました?知っていたら今頃タバコはやめていますよね…。つまり、喫煙でビタミン不足になり、イライラが溜まり、ストレスが溜まり、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因となります。「百害あって一利なし」まさにタバコにぴったりの言葉ですね!

タバコによる悪玉コレステロールの増加

タバコを吸う事によって体内の悪玉コレステロールが増加し、中性脂肪も増え、動脈硬化等のリスクが高まります。その悪玉コレステロールを減少させる為に、必要な成分がタウリンと言われています。このタウリンは体内で生成されるのですが、タウリンを生成するのに「メチオニン」と言うアミノ酸が必要になってきます。このメチオニンは髪の毛の生成に必要な主成分の1つで、メチオニンが不足すると、髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

また、タバコは悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させる作用もあり、その酸化コレステロールは血管の内側に付着して血管のつまりの原因となります。こうなると、血行不良だけに留まらず、血管の老化や、動脈硬化を発症してしまう場合もあります。結果薄毛になってしまいます。

まとめ

いかがでしたか、タバコの怖ろしさを分かっていただけましたか?タバコを吸う事で、髪の毛を失うだけでなく、大切な命まで失うかも分かりません、考えただけでも、本当に怖ろしいですね。しかし、急に禁煙を始めるのは逆効果を招きかねませんので、禁煙外来等で相談してみるのも1つの方法かと思います。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

AGA 薄毛になる習慣

この記事では、薄毛いわゆる【AGA(男性型脱毛症)】になりやすい習慣をまとめてみました。あなたにも思い当たる節があると思いますので、ご注意ください。下記に薄毛に関係する代表的な習慣を3つ上げたのですが、これはかなりの確率で薄毛を引き起こします。ですが、急にこれらの習慣を辞めてしまうと、逆効果になってしまう場合があります。つまり、今まで当たり前だったことが急にできなくなる!特に喫煙などに良くみられる症状なのですが、「ストレス」です。急激に禁煙してしまうと、かえってストレスが溜まる一方になり、抜け毛が促進される場合も稀にあります。ですから、当記事を読んでみて、薄毛克服の為にも禁煙を試みてみようという方は、必ず医師の診断を受けてから、正しい方法で試してみてください。

タバコは薄毛の原因です!百害あって一利なし

最近では喫煙箇所が激減してきていることもあって、年々喫煙者の数が減ってきているように思います。タバコは、「百害あって一利なし」と言われているように、人間の身体にとって良いことは1つもありません。むしろ悪いことだらけです。では、なぜタバコは髪の毛にとって良くないのか?という事なのですが、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあります。つまり血管が収縮すると、薄毛の原因である血行不良になってしまうのです。血行不良になると、髪の毛は健康に育ちません。それからニコチンはビタミンCを破壊するので、髪の毛の生成に最も重要な「亜鉛」の吸収効率がとても悪くなります。亜鉛は髪の毛の生成にとって最も重要な三大要素なので、ビタミンCが破壊されるという事は、亜鉛も不足するという事なのです。ですから、薄毛を克服したいのなら、喫煙をやめましょう。ですが、急に禁煙をすると、ストレスが溜まり逆効果になる場合もありますので、必ず医師の診断を受けてから禁煙するようにしましょう。

お酒は薄毛になります!酒豪の方は要注意!

お仕事後のお酒は最高においしいですよね!ですが、飲みすぎ注意です!
お酒は、血行促進効果やストレスにも良いと言われていますが、飲みすぎはやはり良くありません。何度か言いましたが何事もバランスです。お酒は肝臓によって分解されるのですが、肝臓は髪の毛の生成に重要な三大要素の1つの「タンパク質」を生成し、身体に供給するという役割を持っています。ですから、飲みすぎは肝臓に大きく負担をかけてしまうので、タンパク質が十分に作ることができなくなってしまいます。その為、発毛・育毛に大きなダメージを与えてしまいます。先ほども言いましたが、お酒は体にとって良い一面もあります。ですから、飲み方さえ間違わなければ、辞める必要はないと思います。でも飲みすぎは、髪の毛だけではなく身体にも影響しますので、くれぐれもご注意ください。

急激なダイエットは薄毛の原因です!

急激なダイエットは、筋肉量低下、血行不良、ストレス、等で発毛不良の原因となり、薄毛になりやすい身体になってしまいます。ですから、短期間での急激な減量(ダイエット)にはご注意ください。ダイエット自体が直接の薄毛の原因ではないのですが、短期間で急激に減量したり、必要以上に体重を落としたりするダイエット方法は、髪の毛に良くありません。つまり、薄毛の原因になると言う事です。中でも、食事制限をするダイエット方法は、極端に栄養不足になりがちなので、頭部への栄養供給がされにくくなります。そうなると毛母細胞の分裂が十分に行えなくなり、発毛に影響が出ます。また、栄養が不足するという事は、ホルモンバランスも崩れてしまいます。そして、男性ホルモンの分泌が過剰になるとAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因にもなります。

まとめ

いかがでしたか?上記の項目で一番少ないのは急激なダイエットだと思います。男性の方はよっぽどの事がないとダイエットはしませんからね。ですが、それ以外の2項目は、思い当たる方が多数いらっしゃると思います。タバコはなかなか辞めれませんよね?お酒もそうですが、お酒の場合は何も辞めなくても、量をバランスよくしてもらえれば問題ないのですが、タバコは量の問題ではないですからね。タバコを吸っていると、イライラを抑えれる(落ち着)、ストレス解消になる、等と良く言いますが、これは間違いです。タバコこそがストレスを引き起こす要因なのです。それに、イライラもタバコが原因ですよ。タバコについてはまたの期会に詳しく記事にしてみたいと思いますが、いずれにしても、タバコは辞める方が良い!お酒はほどほどに!という事ですね。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

薄毛になりやすい食生活

AGAは男性ホルモンの関係で発生する男性型脱毛症と言われています。AGAの原因として考えられる原因は男性ホルモンだけに限らず、さまざまな原因が考えられます。その内の1つが食生活とも言われています。わたしたちの大切な髪の毛は、日々の食生活によって大きく影響されます。今回は薄毛になりやすい食生活について勉強していきます。

これから、ご紹介するな項目に思い当たる節がある方は十分ご注意ください。食生活を改善するだけで、血行不良や肥満が解消され、さらにホルモンバランスまで整うので、髪の毛にとっては非常に良い効果を与えます。特に、揚げ物や、ラーメン等が好きな方は気をつけてください。血管のつまりは髪の毛にとって命取りとなります。さぁ今日からあなたも、食生活を改善し、健康な身体を手に入れ、健康な髪の毛を取り戻しましょう。

油っこい物が好きなあなた!薄毛になりますよ!

とんかつ、から揚げ、てんぷら、ラーメンと油っこい食事!おいしいですよね~…。たしかにおいしいのですけど、髪の毛には良くありません。油分の多い食事を大量に摂取していると、皮脂の分泌量が増えます。頭皮保護の為に皮脂は必要なのですが、油分の過度な摂取をすることで、過剰に皮脂分泌されます。こうなると抜け毛の原因となります。

特にそれが脂性であると、脂漏性脱毛症と言う病気を引き起こすこともあります。そして、油分の多い食事ばかり摂取していると、血液がドロドロになり、血行不良の原因となります。つまり、血行が悪くなると、髪の毛の生成にとって必要な、酸素や栄養分が頭皮に十分に届けられなくなり、薄毛の原因となってしまいます。ですから、油っこい食事は確かにおいしいのですが、ほどほどにしておいてください。

外食が好きなあなた!薄毛になりますよ!

先程の油っこい食事の話の続きではありませんが、外食はどうしても油っこい食事になりがちです。ですから、外食ばかりされている方は気をつけてください。油分が多くカロリーが高いことが多いので、薄毛にももちろん悪いのですが、肥満になってしまうという事です。つまり、不健康なメタボで薄毛という事です。

それから、外食の食材には添加物が多く含まれている為、血液の質を低下させてしまう原因にもなってしまいます。そうすると、血行不良や栄養不足になる為、結果薄毛になってしまいます。外食は、薄毛の方の大敵です!ですから、極力外食は避けるように気をつけましょう。特にサラリーマンの方は外食する期会が多いと思いますが、手作り弁当がおすすめです。

食べ過ぎてしまう方!薄毛になりますよ!

食べ過ぎは髪の毛にとって悪影響です。ついつい食べ過ぎてしまうと言う方は、気をつけてください。食べ過ぎは、まず肥満に繋がります。肥満になると、汗をかきやすくなり、皮脂分泌が過剰になってしまいます。皮脂分泌が過剰になると、抜け毛が増えます。また、脂肪が血管を圧迫してしまって、血行不良を引き起こし、薄毛の原因にもなります。

それから、食べ過ぎは内臓にも負担がかかってしまいますので消化器系の内臓の機能が極端に低下し、うまく栄養を吸収することができなくなってしまいます。そうなると、頭皮にも十分に栄養が送られなくなって薄毛になってしまいます。何事もバランスです!今日から食べすぎには十分注意して、腹八分目を心がけましょう。昼食だから、たくさん食べても大丈夫なんてことはありませんから、朝、昼、晩、と注意してください。

就寝前に食事をする方!薄毛になりますよ!

髪の毛の生成には成長ホルモンの分泌が必要となります。その成長ホルモンが最も分泌されるのが、夜の10時以降で時間にして約4時間と言われています。この時間は、髪の毛の生成に集中させたいので、身体の活動をできるだけ抑えた方が良いと思います。ですから、夕食は早めに食べましょう。

なぜなら、食事の後は食べたものを消化する為に、消化器系の内臓に、エネルギーや血液が集中します。つまり、寝る直前に食事を摂取すると、その時間に消化器系の働きが活発になり、髪の毛の生成に集中できなくなってしまうのです。ですから、就寝前の食事はなるべく避けて、早めに食事を摂るように心がけましょう。あと、就寝前の感触も控えましょう。

まとめ

以上が薄毛(AGA)になりやすい食生活の説明になります。油っこい食事や、食べ過ぎ、就寝前の食事にはご注意ください。このように、検証してみると油っこい食べ物も、もちろん髪の毛には悪いのですが、それだけでは無いという事が良く分かります。

外食の場合は添加物がたくさん含まれる為、血液のの質を低下させ、血行不良や栄養不足になり、結果薄毛に!食べ過ぎると、脂肪が血管を圧迫して血行不良になったり、内臓に負担がかかり消化器系の機能の低下が起こり、結果薄毛に!遅い時間の食事も、髪の毛の生成と、食事の消化が重なる為に、髪の毛の生成に影響げ出て、結果薄毛に!このように、普段何気なくしている行動が、薄毛に繋がっています。

今はフサフサでも、後々後悔しない為にも早めに食生活の改善をすることをおすすめします。それから、すでに薄毛で悩んでいる人は早めに食生活の改善をしてください。食生活を突然変更するのもストレスになりますので、はじめは育毛サプリ等で栄養を補給しながら徐々に改善していきましょう。このままでは、取り返しがつかなくなってしまいます。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

AGAの原因DHTとは

AGA(男性型脱毛症)の原因の多くは、DHT(ジヒドロテストステロン)と言われています。さて、このDHTなのですが、はじめて聞く人がほとんどだと思います。そこで今回は、このDHTについて少し勉強したいと思います。

DHTについて

「専門医が語る毛髪科学最前線」と言う書籍が集英社から発売されていたので、少し読んでみると、以下の様に説明されていました。「テストステロンが5αリダクターゼの作用により、DHTに変換され、TGF-β1という角化細胞を抑制する因子が作られて毛の成長を止めてしまう」この内容は、試験管内で実際に実験して確認されている内容という事です。何か腑に落ちないので、もう少し調べてみることにしました。

DHTとは?

DHT(ジヒドロテストステロン)はAGA(男性型脱毛症)の最大の原因である、強力な脱毛作用のある、男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)により、変換されてできる男性ホルモンです。このDHTが毛乳頭細胞にある、受容体に結合することにより、髪の毛の成長を抑制し、抜け毛が増えてきて薄毛になります。

ジヒドロテストステロンは皮脂腺の受容体と結合し、皮脂を過剰に分泌させ毛穴を塞いで、髪の毛の成長を妨げてしまい、さらには毛乳頭細胞にある受容体にも結びつき、髪の毛が十分に成長する前に
抜け落ちてしまうようになります。このような事を繰り返して行われることで、毛周期(ヘアサイクル)が乱れて、薄毛になっていくのです。
簡単に説明しますと、ジヒドロテストステロンは過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞ぎ、毛の成長を妨げるだけに留まらず、毛乳頭受容体に結び付き、ヘアサイクルを乱して毛が十分に成長する前に抜けてしまい、薄毛になっていくという事です。

テストステロンは9割が精巣で作られ、残りは副腎で作られる男性ホルモンの一種で、ジヒドロテストロンはテストステロンの不足を補う為に5αリダクターゼ酵素によってTHが変換された男性ホルモンです。以下にテストステロンとジヒドロテストステロンの違いを表にまとめてみました。

TH(テストステロン)
DHT(ジヒドロテストステロン)
生殖器の増大
薄毛
性欲の増加
体毛の増加
精子形成の増加
精力減退
骨格・筋肉の成長
前立腺肥大
やる気・行動力の増進

上記の表のとおり、ジヒドロテストステロンは男性にとって不要な物ばかりです。AGAと戦っていくにはジヒドロテストステロンと戦うという事です。当サイトで勉強して、ジヒドロテストステロンとの正しい戦い方を身につけましょう。

まとめ

以上のような説明から、AGA治療は非常に奥が深いという事が分かります。AGAを甘く見ないでください!何が言いたいのかといいますと、AGA治療はきちんと専門医の元で治療を受けるべきだという事です。きちんとした、医師の診断を受けてAGA専用の薬を処方してもらう事で、AGAの進行を防ぐことができます。AGA専用の薬とは「プロペシア」と言われるもので、その成分は「フィナステリド」と呼ばれるものです、米国が開発した、前立腺肥大症の薬だったのですが、いろいろな研究結果から、AGAにも効果があることが分かりました。そして現在では厚生労働省の認可も受けて、国内でも販売されるようになりました。「プロペシア」に関しては、別記事で詳しくまとめますのでそちらをご覧ください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

AGAの原因で疑われる「遺伝」

AGAの原因として、最も疑われている「遺伝」、実は私もはじめはそう思い、ご先祖様を恨みました。しかし、よくよく調べてみると、AGAの原因は遺伝も、もちろん関係しているのですが、それだけではなかったのです!実は自らの生活習慣に大きく関係していました。そこで今回は、遺伝について少し検証してみたいと思います。

AGAの原因として疑わしい遺伝について

AGA(男性型脱毛症)の原因の1つとして「ホルモンバランスの乱れ」について以前解説しましたが、今回は「遺伝」について解説していきたいと思います。さて、この問題の遺伝なのですが、祖父や父親がハゲていたから自分もハゲる!と、世間では言われていますが、実際はそうでもないようなのです。と、言ってしまうとここで「遺伝」についての解説は終わってしまうのですが、その理由を説明していきますので最後までお付き合いお願いします。この「ハゲる」「遺伝」について、ドイツのある研究チームがその研究結果を以下のように発表しています。

「40歳よりも前に薄毛の症状が出始めた男性を集めて、その家系の血液分析を行った結果、X染色体に含まれるアンドロゲン受容体遺伝子(男性ホルモンの一種)に異変があり、これらが髪の毛を抜けやすくしている原因になります。この遺伝子異変が男性ホルモンの分泌を増加させ、薄毛を促進させているというわけです。」

しかし、このX染色体は母親側からしか受け継がれない遺伝子らしいのです。という事は、このドイツの研究チームの研究結果が正しいとすれば、薄毛になりやすい遺伝子は母親からしか遺伝しないと言うことになります。つまり、父親の薄毛の関係よりも、母親の父や祖父の薄毛が子孫に反映されると言うことです。確かに、薄毛の人が多い家系では祖先、子孫共に薄毛が多いと言うのは納得できますね。

何が言いたいのかといいますと、「薄毛は遺伝する」のではなく、「体質」が遺伝するのです。AGAにはいくつかの原因があり、もちろん遺伝による体質も原因の1つなのですが、遺伝だけでは無いと言うことを理解する必要があります。つまり、「遺伝」はその原因の1つにすぎないと言うことです。しかし、薄毛の原因の1つであることには間違いないので、人一倍の頭皮や髪の毛への気遣いや、対策が必要になってきます。

まとめ

現在ではAGA治療の技術がとても進歩している為、早めにケアをすれば髪の毛は少しづつ生えてきます。生えてくると言うか、しっかりと成長するのです。ですから、自分一人で悩まず、あきらめずに、まずはAGA専門のクリニック等で無料カウンセリングを受けてみましょう。

私は経験者だから言えるのですが、抜け毛、薄毛が気になりだしたら一人で悩まず、迷わずAGA専門のクリニックの医師に相談することをおすすめします。悩んでいる間にもAGAはどんどん進行しています。そうです、悩んでいる間にあなたの髪の毛は少しづつですが減っているのです。手遅れにならない為にも、早めの決断を!!

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

AGAの原因ホルモンバランス

AGA(男性型脱毛症)はDHTと言う強力な男性ホルモンの影響で引き起こる、脱毛症です。そしてAGAは頭頂部、前頭部から発症します。この理由は、男性ホルモンと女性ホルモンの影響を受ける箇所が違うという事です。女性ホルモンは主に、側頭部と後頭部に男性ホルモンは、先程の頭頂部と前頭部にそれぞれ影響を与えます。つまり、AGAの原因は強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の毛の成長を抑制することによって、抜け毛が増えてきて薄毛へとなります。そこで今回は、ホルモンバランスについて勉強していきたいと思います。

AGAの原因の1つがホルモンバランスの崩れ

AGAの原因の1つとして考えられるのがホルモンバランスの崩れです。男性ホルモンの一種に「テストステロン」と言うホルモンがあり、そのテストステロンのほとんどが、睾丸で生成されています。このテストステロンは、男性器や性欲、骨格や筋肉の発達を促す働きがあり、このホルモンに5αリダクターゼ(還元酵素)が結びつくことによって、テストステロンがより強力な男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変化します。このDHT(ジヒドロテストステロン)こそが、AGA(男性型脱毛症)の原因そのものなのです。

このDHT(ジヒドロテストステロン)は毛乳頭の受容体と結合し、ヘアサイクルを極端に短くする作用があります。通常ヘアサイクルは2年~6年と言われていますが、DHT(ジヒドロテストステロン)がホルモンバランスを乱すと、個人差はありますが早い人だと数ヶ月で髪の毛が抜け落ちてしまいます。ヘアサイクルが短縮されると、本来太く、そして長く育つはずだった髪の毛が早々に抜け落ち、数ヵ月後に新たに細い髪の毛が生え始めます。このように、AGAは徐々に進行していき太く長い髪の毛が減り、細くて短い髪の毛ばかりとなる為、薄毛になっていくのです。

AGAの多くの男性は、額の生え際もしくは頭頂部から薄毛になっていきます。なぜかと言いますと、問題のDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5αリダクターゼが生え際や頭頂部に多く存在している為です。aga_sAGAは上記の画像のようなタイプがほとんどです。AGAは一度発症してしまうと、生活習慣を改善しても完治することはありません。ですが、AGA治療と並行して生活習慣の改善をしていくことは、髪の毛にとってとても良い事です。AGA治療を行っていても、生活習慣によっては全く効果が出ないと言うケースもあります。ですから、AGA治療と並行して生活習慣を改善することによって、メタボの解消や、身体の調子がすこぶる良くなり、髪の毛も元気よく成長しますので、ぜひ生活習慣を見直してください。

ホルモンバランスを整えよう!

以上のような説明から、一度ホルモンバランスが崩れて、AGAを発症してしまうと生活習慣の改善だけでは完治しないという事が分かります。では、ホルモンバランスを整えるには何をすれば良いのか?という事なのですが、ホルモンバランスを崩す原因に考えられるのが「ストレス」です。ストレス社会の現代では、切り離すことができない存在となっています。ストレスを溜め込むことで、人間はホルモンに支障をきたすと言われています。

ストレスが原因で起こる、自律神経失調症もそうですが、ストレスを甘く見ないという事です。簡単に言いますと、ストレスはホルモンバランスを司る神経を狂わせてしまうという事です。しかし、人間ストレスを溜めずに日々の生活を送るのは、とても困難な事だと思います。そこで、ストレスを溜めないのではなく、発散する事を意識してください。ストレス発散にはジョギングがおすすめです。有酸素運動をすることで、イライラが解消されストレス発散になります。適度な運動を心がけるようにしてホルモンバランスを整えましょう。

まとめ

ホルモンバランスが崩れるととても恐ろしいことになります。ですから、ホルモンバランスを崩さないように、日々適度な運動を心がけるようにして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。このようにAGAは予防することができます。発症してしまった方は、生活習慣の改善だけで完治することは難しいのですが、あなたのまわりで、AGAになっている方がいらっしゃいましたら、「明日は我が身」と思い、日々の生活習慣を改善する事をおすすめします。AGAを発症してしまっている方も、あきらめずに専門のクリニックでAGA治療を受けながら、並行して生活習慣の改善をしていきましょう。そうすると、元気な髪の毛は復活しますよ。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します