カテゴリー別アーカイブ: 薄毛になりやすい人

朝シャンは薄毛の原因

みなさん「朝シャン」してますか?知ってますか?朝シャンは薄毛の原因です!私も当時は、朝シャンをしていました!その理由は、朝から髪の毛がいい匂いがする、とても清々しい、髪型のセットがやりやすい等の理由です。ですが、これが原因で私は薄毛に…。髪の毛がなくなってしまえばセットもクソもない!若い男性の方は特に朝シャンをする方が多いと思います。ですが、それが薄毛の原因だとあなたは知っていますか?おそらく、知っていますよ!と答える人は少ないでしょう。では、なぜ、朝シャンは薄毛になるのか?について、今回は勉強していきましょう。

朝シャンはなぜダメなの?

シャンプーは頭皮にとって、とても重要な事です。別記事でシャンプーの正しい方法について解説しましたが、いくらシャンプーの正しいやり方をしていても、「朝シャン」だけはしないでください。ただでさえ忙しくて時間の無い朝にシャンプーをするのはとても危険な行為なのです。朝に3時間以上余裕がある人は別ですが…。

朝シャンがダメな理由!

頭皮には皮脂がありますが、この皮脂も過剰に分泌されると良くないのですが、実は皮脂も頭皮にとっては必要不可欠な存在なのです。皮脂は頭皮や髪の毛を保護したり、頭皮に蓄えられた水分を、保湿を保つために外に逃がさないようにする働きや、雑菌の撃退などの役割があります。しかし、これらの機能はシャンプーをするとリセットされます。そして保護膜を新たに形成するのに、約2時間(保護膜形成の時間は個人によって変わります)ほどかかってしまうのです。つまり、朝シャン後約2時間は保護膜が形成されていない状態なので、そのままお仕事等で外出すると、紫外線、風等の影響で頭皮を傷つけてしまうのです。こうなると、毎晩お風呂でしっかりと頭皮ケアをしていても全く意味がないという事ですね。

特に朝はみなさん忙しく、時間が無いと思います。そんなバタバタしている中で朝シャンをすると、爪で頭皮を傷つけてしまったり、シャンプーの洗い残しがあったり、するので、フケ、痒み、抜け毛、の原因となり薄毛まっしぐらです。それに髪の毛の乾かし方も雑になってしまいます。正しい洗髪方法で解説しましたが、タオルドライが雑になり頭皮を傷つけたり、ドライヤーの熱風で急激に乾かしたりすると髪の毛にも頭皮にも良くありません。ですから、朝シャンはデメリットだらけですので、明日からはやめましょう。髪の毛や頭皮の事を考えるなら朝シャンは、今後しないようにしましょう。どうしても、朝シャンがやめられない人は、外出の3時間前に正しい洗髪方法でするようにしましょう。

まとめ

以上で、朝シャンがダメな理由を分かっていただけたでしょうか?確かに、朝シャンは気持ちが良いのですが、大事な髪の毛を失ってまで、する程の事ではないと思います。そう思いませんか?特に夏場は、寝ている間に汗をたくさんかくので、朝シャンをしたくなるのですが、シャワーを浴びる程度で、シャンプーをするのは控えましょう。夏場は、紫外線が非常に多く、ただでさえ、頭皮(皮膚)に良くないのに、シャンプーをすることによって、頭皮の保護膜が無い状態でお出かけするのは、大切な髪の毛を捨てに行っているようなものです。ですから、明日からは朝シャンは控えるようにしましょう。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

ストレスは薄毛の原因?

みなさんよく言われます、薄毛の原因は「ストレス」だ!このストレスが本当に、抜け毛や薄毛の原因なのです。私も実際に、会社勤めだった頃にストレスでの抜け毛を経験したことがあります。思い出すだけでも恐ろしいです…。そこで、今回はストレスが原因で、抜け毛や薄毛が発生する仕組みを勉強して行きしょう。

薄毛の原因はストレスが多い環境も影響します!

ストレスは現代社会に付き物なので、悩まされている人もたくさんいると思います。このストレスなのですが、実は抜け毛や薄毛の原因にも大きく関係しています。昔からストレスは、抜け毛や薄毛の原因と言われていますが、どういう仕組みでストレスが原因となって髪の毛が抜け落ちるのかまでは、知っている人は少ないと思います。それでは、どのような仕組みなのかをじっくり検証していきましょう。

ストレスが原因で薄毛になる仕組み

わたしたち人間の血管には自律神経が分布されております。この自律神経は、交感神経と副交感神経で構成されており、交感神経は血管を収縮させる働きがあり、副交感神経はその逆で血管を拡張させる働きがあります。そして、日常生活で強いストレスを感じると、交感神経が活発に働いて、血管を収縮させてしまうのです。血管が収縮すると、もちろん血行が悪くなるので、頭皮まで十分な栄養素が送られなくなってしまうのです。つまり、毛乳頭や、毛母細胞に栄養が運ばれなくなり、髪の毛が痩せ細ってしまい、最終的には抜け落ちてしまうのです。

ストレスは薄毛にとって天敵なのです。ストレスが原因で起こりやすくなるのが「ホルモンの乱れ」「血行不良」「過剰な皮脂の放出」「頭皮が硬くなる」「睡眠障害」等です。どれも、髪の毛にとって悪い症状ばかりです。特に気をつけていただきたいのが、「睡眠障害」です。なぜなら、日常生活でストレスを受けているのに、睡眠障害でさらにストレスを受けてしまうと、どんどんストレスが溜まる一方です。こうなってしまうと完全に負の連鎖です。こうならない為にも、問題のストレスを如何に受けないようにするか、と考える人も多いとは思うのですが、ストレス社会とも言われる現代でそのような事は不可能に近いと思います。ではどうすればよいのか?

ストレス発散で薄毛克服

現代のストレス社会を生き抜くために、日々戦っている私達からストレスを失くすという事は、非常に難しい事です。ですから、ストレスを失くすのではなく、発散させる方法を見つけてください!なんでもいいのです、ストレス解消法は人それぞれ違うと思いますので、自分に合った、ストレス解消法でストレスを発散してください。睡眠、運動、趣味、ショッピング、何でもいいので、ストレスの発散ができる自分に合った方法で、日々の溜まったストレスを発散してあげて下さい。そして、少しでも頭皮の血行を良くして、太く長く育つ髪の毛を手に入れてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?会社勤めの方は特にストレスを溜めこんでいると思います。嫌な上司や、嫌な取引先等事情はいろいろあると思います。ですが、そんな嫌な奴の為に、なぜこちらが薄毛にならなくてはいけないのですか?考えただけでも腹がたってきますね!ですから、そんな薄毛の原因となるストレスを溜め込むだけではなく、どんどん発散することに力を入れましょう。あなたの好きな事は何ですか?私は、ジョギングが好きだったので、毎朝1時間早く起きて、ジョギングを続けています。早起きなので、疲れが溜まると思われがち
ですが、逆なのです。運動すると身体にもとても良く、おかげでメタボも解消され、髪の毛も生えてきて、とても清々しい毎日を送っています。早朝のジョギングのおかげで、夜もぐっすり眠れるようになりました!

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します