タグ別アーカイブ: 原因

AGA 薄毛になる習慣

この記事では、薄毛いわゆる【AGA(男性型脱毛症)】になりやすい習慣をまとめてみました。あなたにも思い当たる節があると思いますので、ご注意ください。下記に薄毛に関係する代表的な習慣を3つ上げたのですが、これはかなりの確率で薄毛を引き起こします。ですが、急にこれらの習慣を辞めてしまうと、逆効果になってしまう場合があります。つまり、今まで当たり前だったことが急にできなくなる!特に喫煙などに良くみられる症状なのですが、「ストレス」です。急激に禁煙してしまうと、かえってストレスが溜まる一方になり、抜け毛が促進される場合も稀にあります。ですから、当記事を読んでみて、薄毛克服の為にも禁煙を試みてみようという方は、必ず医師の診断を受けてから、正しい方法で試してみてください。

タバコは薄毛の原因です!百害あって一利なし

最近では喫煙箇所が激減してきていることもあって、年々喫煙者の数が減ってきているように思います。タバコは、「百害あって一利なし」と言われているように、人間の身体にとって良いことは1つもありません。むしろ悪いことだらけです。では、なぜタバコは髪の毛にとって良くないのか?という事なのですが、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあります。つまり血管が収縮すると、薄毛の原因である血行不良になってしまうのです。血行不良になると、髪の毛は健康に育ちません。それからニコチンはビタミンCを破壊するので、髪の毛の生成に最も重要な「亜鉛」の吸収効率がとても悪くなります。亜鉛は髪の毛の生成にとって最も重要な三大要素なので、ビタミンCが破壊されるという事は、亜鉛も不足するという事なのです。ですから、薄毛を克服したいのなら、喫煙をやめましょう。ですが、急に禁煙をすると、ストレスが溜まり逆効果になる場合もありますので、必ず医師の診断を受けてから禁煙するようにしましょう。

お酒は薄毛になります!酒豪の方は要注意!

お仕事後のお酒は最高においしいですよね!ですが、飲みすぎ注意です!
お酒は、血行促進効果やストレスにも良いと言われていますが、飲みすぎはやはり良くありません。何度か言いましたが何事もバランスです。お酒は肝臓によって分解されるのですが、肝臓は髪の毛の生成に重要な三大要素の1つの「タンパク質」を生成し、身体に供給するという役割を持っています。ですから、飲みすぎは肝臓に大きく負担をかけてしまうので、タンパク質が十分に作ることができなくなってしまいます。その為、発毛・育毛に大きなダメージを与えてしまいます。先ほども言いましたが、お酒は体にとって良い一面もあります。ですから、飲み方さえ間違わなければ、辞める必要はないと思います。でも飲みすぎは、髪の毛だけではなく身体にも影響しますので、くれぐれもご注意ください。

急激なダイエットは薄毛の原因です!

急激なダイエットは、筋肉量低下、血行不良、ストレス、等で発毛不良の原因となり、薄毛になりやすい身体になってしまいます。ですから、短期間での急激な減量(ダイエット)にはご注意ください。ダイエット自体が直接の薄毛の原因ではないのですが、短期間で急激に減量したり、必要以上に体重を落としたりするダイエット方法は、髪の毛に良くありません。つまり、薄毛の原因になると言う事です。中でも、食事制限をするダイエット方法は、極端に栄養不足になりがちなので、頭部への栄養供給がされにくくなります。そうなると毛母細胞の分裂が十分に行えなくなり、発毛に影響が出ます。また、栄養が不足するという事は、ホルモンバランスも崩れてしまいます。そして、男性ホルモンの分泌が過剰になるとAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因にもなります。

まとめ

いかがでしたか?上記の項目で一番少ないのは急激なダイエットだと思います。男性の方はよっぽどの事がないとダイエットはしませんからね。ですが、それ以外の2項目は、思い当たる方が多数いらっしゃると思います。タバコはなかなか辞めれませんよね?お酒もそうですが、お酒の場合は何も辞めなくても、量をバランスよくしてもらえれば問題ないのですが、タバコは量の問題ではないですからね。タバコを吸っていると、イライラを抑えれる(落ち着)、ストレス解消になる、等と良く言いますが、これは間違いです。タバコこそがストレスを引き起こす要因なのです。それに、イライラもタバコが原因ですよ。タバコについてはまたの期会に詳しく記事にしてみたいと思いますが、いずれにしても、タバコは辞める方が良い!お酒はほどほどに!という事ですね。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

薄毛になりやすい食生活

AGAは男性ホルモンの関係で発生する男性型脱毛症と言われています。AGAの原因として考えられる原因は男性ホルモンだけに限らず、さまざまな原因が考えられます。その内の1つが食生活とも言われています。わたしたちの大切な髪の毛は、日々の食生活によって大きく影響されます。今回は薄毛になりやすい食生活について勉強していきます。

これから、ご紹介するな項目に思い当たる節がある方は十分ご注意ください。食生活を改善するだけで、血行不良や肥満が解消され、さらにホルモンバランスまで整うので、髪の毛にとっては非常に良い効果を与えます。特に、揚げ物や、ラーメン等が好きな方は気をつけてください。血管のつまりは髪の毛にとって命取りとなります。さぁ今日からあなたも、食生活を改善し、健康な身体を手に入れ、健康な髪の毛を取り戻しましょう。

油っこい物が好きなあなた!薄毛になりますよ!

とんかつ、から揚げ、てんぷら、ラーメンと油っこい食事!おいしいですよね~…。たしかにおいしいのですけど、髪の毛には良くありません。油分の多い食事を大量に摂取していると、皮脂の分泌量が増えます。頭皮保護の為に皮脂は必要なのですが、油分の過度な摂取をすることで、過剰に皮脂分泌されます。こうなると抜け毛の原因となります。

特にそれが脂性であると、脂漏性脱毛症と言う病気を引き起こすこともあります。そして、油分の多い食事ばかり摂取していると、血液がドロドロになり、血行不良の原因となります。つまり、血行が悪くなると、髪の毛の生成にとって必要な、酸素や栄養分が頭皮に十分に届けられなくなり、薄毛の原因となってしまいます。ですから、油っこい食事は確かにおいしいのですが、ほどほどにしておいてください。

外食が好きなあなた!薄毛になりますよ!

先程の油っこい食事の話の続きではありませんが、外食はどうしても油っこい食事になりがちです。ですから、外食ばかりされている方は気をつけてください。油分が多くカロリーが高いことが多いので、薄毛にももちろん悪いのですが、肥満になってしまうという事です。つまり、不健康なメタボで薄毛という事です。

それから、外食の食材には添加物が多く含まれている為、血液の質を低下させてしまう原因にもなってしまいます。そうすると、血行不良や栄養不足になる為、結果薄毛になってしまいます。外食は、薄毛の方の大敵です!ですから、極力外食は避けるように気をつけましょう。特にサラリーマンの方は外食する期会が多いと思いますが、手作り弁当がおすすめです。

食べ過ぎてしまう方!薄毛になりますよ!

食べ過ぎは髪の毛にとって悪影響です。ついつい食べ過ぎてしまうと言う方は、気をつけてください。食べ過ぎは、まず肥満に繋がります。肥満になると、汗をかきやすくなり、皮脂分泌が過剰になってしまいます。皮脂分泌が過剰になると、抜け毛が増えます。また、脂肪が血管を圧迫してしまって、血行不良を引き起こし、薄毛の原因にもなります。

それから、食べ過ぎは内臓にも負担がかかってしまいますので消化器系の内臓の機能が極端に低下し、うまく栄養を吸収することができなくなってしまいます。そうなると、頭皮にも十分に栄養が送られなくなって薄毛になってしまいます。何事もバランスです!今日から食べすぎには十分注意して、腹八分目を心がけましょう。昼食だから、たくさん食べても大丈夫なんてことはありませんから、朝、昼、晩、と注意してください。

就寝前に食事をする方!薄毛になりますよ!

髪の毛の生成には成長ホルモンの分泌が必要となります。その成長ホルモンが最も分泌されるのが、夜の10時以降で時間にして約4時間と言われています。この時間は、髪の毛の生成に集中させたいので、身体の活動をできるだけ抑えた方が良いと思います。ですから、夕食は早めに食べましょう。

なぜなら、食事の後は食べたものを消化する為に、消化器系の内臓に、エネルギーや血液が集中します。つまり、寝る直前に食事を摂取すると、その時間に消化器系の働きが活発になり、髪の毛の生成に集中できなくなってしまうのです。ですから、就寝前の食事はなるべく避けて、早めに食事を摂るように心がけましょう。あと、就寝前の感触も控えましょう。

まとめ

以上が薄毛(AGA)になりやすい食生活の説明になります。油っこい食事や、食べ過ぎ、就寝前の食事にはご注意ください。このように、検証してみると油っこい食べ物も、もちろん髪の毛には悪いのですが、それだけでは無いという事が良く分かります。

外食の場合は添加物がたくさん含まれる為、血液のの質を低下させ、血行不良や栄養不足になり、結果薄毛に!食べ過ぎると、脂肪が血管を圧迫して血行不良になったり、内臓に負担がかかり消化器系の機能の低下が起こり、結果薄毛に!遅い時間の食事も、髪の毛の生成と、食事の消化が重なる為に、髪の毛の生成に影響げ出て、結果薄毛に!このように、普段何気なくしている行動が、薄毛に繋がっています。

今はフサフサでも、後々後悔しない為にも早めに食生活の改善をすることをおすすめします。それから、すでに薄毛で悩んでいる人は早めに食生活の改善をしてください。食生活を突然変更するのもストレスになりますので、はじめは育毛サプリ等で栄養を補給しながら徐々に改善していきましょう。このままでは、取り返しがつかなくなってしまいます。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

AGAの原因DHTとは

AGA(男性型脱毛症)の原因の多くは、DHT(ジヒドロテストステロン)と言われています。さて、このDHTなのですが、はじめて聞く人がほとんどだと思います。そこで今回は、このDHTについて少し勉強したいと思います。

DHTについて

「専門医が語る毛髪科学最前線」と言う書籍が集英社から発売されていたので、少し読んでみると、以下の様に説明されていました。「テストステロンが5αリダクターゼの作用により、DHTに変換され、TGF-β1という角化細胞を抑制する因子が作られて毛の成長を止めてしまう」この内容は、試験管内で実際に実験して確認されている内容という事です。何か腑に落ちないので、もう少し調べてみることにしました。

DHTとは?

DHT(ジヒドロテストステロン)はAGA(男性型脱毛症)の最大の原因である、強力な脱毛作用のある、男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)により、変換されてできる男性ホルモンです。このDHTが毛乳頭細胞にある、受容体に結合することにより、髪の毛の成長を抑制し、抜け毛が増えてきて薄毛になります。

ジヒドロテストステロンは皮脂腺の受容体と結合し、皮脂を過剰に分泌させ毛穴を塞いで、髪の毛の成長を妨げてしまい、さらには毛乳頭細胞にある受容体にも結びつき、髪の毛が十分に成長する前に
抜け落ちてしまうようになります。このような事を繰り返して行われることで、毛周期(ヘアサイクル)が乱れて、薄毛になっていくのです。
簡単に説明しますと、ジヒドロテストステロンは過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞ぎ、毛の成長を妨げるだけに留まらず、毛乳頭受容体に結び付き、ヘアサイクルを乱して毛が十分に成長する前に抜けてしまい、薄毛になっていくという事です。

テストステロンは9割が精巣で作られ、残りは副腎で作られる男性ホルモンの一種で、ジヒドロテストロンはテストステロンの不足を補う為に5αリダクターゼ酵素によってTHが変換された男性ホルモンです。以下にテストステロンとジヒドロテストステロンの違いを表にまとめてみました。

TH(テストステロン)
DHT(ジヒドロテストステロン)
生殖器の増大
薄毛
性欲の増加
体毛の増加
精子形成の増加
精力減退
骨格・筋肉の成長
前立腺肥大
やる気・行動力の増進

上記の表のとおり、ジヒドロテストステロンは男性にとって不要な物ばかりです。AGAと戦っていくにはジヒドロテストステロンと戦うという事です。当サイトで勉強して、ジヒドロテストステロンとの正しい戦い方を身につけましょう。

まとめ

以上のような説明から、AGA治療は非常に奥が深いという事が分かります。AGAを甘く見ないでください!何が言いたいのかといいますと、AGA治療はきちんと専門医の元で治療を受けるべきだという事です。きちんとした、医師の診断を受けてAGA専用の薬を処方してもらう事で、AGAの進行を防ぐことができます。AGA専用の薬とは「プロペシア」と言われるもので、その成分は「フィナステリド」と呼ばれるものです、米国が開発した、前立腺肥大症の薬だったのですが、いろいろな研究結果から、AGAにも効果があることが分かりました。そして現在では厚生労働省の認可も受けて、国内でも販売されるようになりました。「プロペシア」に関しては、別記事で詳しくまとめますのでそちらをご覧ください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します