タグ別アーカイブ: 治療薬

AGA治療薬ミノキシジル

AGAの治療薬として良く知られている「プロペシア」。実はもう1つの治療薬があります!それは「ミノキシジル」です。まぁ知っている方がほとんどでだと思いますが、今回はミノキシジルについて勉強していきたいと思います。プロペシアは服用する育毛剤で、ミノキシジルは頭皮に塗る育毛剤と服用するタイプがあります。国内で販売されていてすぐに手に入るのが、ミノキシジル配合の育毛剤は「大正製薬のリアップ」です、みなさん聞いたことがあると思います。プロペシアもミノキシジルも医薬品なので、基本的には病院等で処方してもらうかたちとなります。

プロペシアとミノキシジルはどちらが効く?

AGA治療には大きく分けて2種類あります。1つは「抜け毛や薄毛の進行をくい止める治療」もう1つが「既に進行して抜け落ちてしまった髪の毛の再生治療」です。ミノキシジルは後者の既に進行して抜け落ちてしまった髪の毛の再生治療の方に活躍します。つまり、ミノキシジルは発毛を促進する働きがあるという事です。AGAの原因が強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)であることは、みなさんもうお分かりだと思いますが、このDHTにより脱毛が開始されてしまった毛根は、髪の毛へ十分な栄養が送れなくなってしまいます。

そして、徐々に毛細血管が収縮し、ついに髪の毛の毛周期が乱れはじめ、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうのです。

そこで、活躍するのがこの「ミノキシジル」なのです。ミノキシジルはもともとは高血圧の治療薬として使用されていました。つまり、ミノキシジルの効果は毛細血管を拡張させて、血圧を下げる働きがあるという事です。毛細血管が広がると、血行促進になり発毛効果があった為、AGAに効果があると認められて、現在ではAGA治療薬として処方されるようになっています。

結論を言いますと、プロペシアとミノキシジルはどちらが効果がある?と言うのではなくて、どちらも効果があるという事です。ただ、薄毛の進行をくい止めるのはプロペシアで、既に抜け落ちてしまった髪の毛を復活させるのがミノキシジルという事です。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけ、毛根に多くの栄養をいきわたらせて、髪の毛の成長を促進する働きをします。脱毛をの進行を抑制するプロペシアとは異なり、ミノキシジルは髪の毛の成長を早める効果があります。ですから、AGAの方はプロペシアとミノキシジルを併用すると、とても効果的であると言われています。

それから、ミノキシジルは塗るタイプと服用するタイプが販売されているみたいなのですが、薬局で手に入るのが塗るタイプのリアップ、服用するタイプはAGA専門のクリニックで販売されているという事です。それから、薬局で手に入るリアップは商品によって含有量が変わってくるみたいです、そちらも説明していきます。

リアップのミノキシジルの含有量

薬局で簡単に手に入るミノキシジル配合の育毛剤と言えば「リアップ」ですが、リアップは2種類あり、ミノキシジルの含有量がそれぞれ違います。ミノキシジルは含有量が多い方が効果があると言われていますが、体質によっては副作用が起き、痒みやかぶれ、それから頭痛等の症状が出る事もあるので注意が必要です。

  • リアッププラス
     種 別:第1類医薬品
     内容量:60ml
     定 価:5239円(税抜き)
     含有量:1.0%(ミノキシジルノ含有量)
  • リアップX5
     種 別:第1類医薬品
     内容量:60ml
     定 価:7048円(税抜き)
     含有量:5.0%(ミノキシジル含有量)
  • 現在薬局で販売されている商品は上記の2種類になります。はじめての方や、脱毛がそれほど進行していない方は「リアッププラスのミノキシジル含有量1%」の方から試してみると良いと思います。脱毛の具合が深刻な場合は「リアップX5のミノキシジル含有量5%」を試してみても良いと思います。一般的に効果が実感しやすいのは、リアップX5と言われています。

    ここで気をつけてほしい事は、早く効果を得たい為に、WEB上で販売されている、ミノキシジル含有量10%等の商品を購入することです。これらの商品は海外製品が多く、どのような結果になるかはわかりません。というのも、プロペシアでもミノキシジルにも言える事なのですが、どちらも副作用があります。ですから、得体の知れないサイト等で、ミノキシジル商品を購入するする際は自己判断でお願いします。

    ミノキシジルの副作用

    ミノキシジルもプロペシア同様に副作用があります。ですがこちらも体質等によって副作用が出る場合とでない場合があります。プロペシアの様に細かい内容が記された添付文書が無い為、よく聞く副作用の症状をご紹介します。

  • 低血圧症
  • 肌荒れ・痒み
  • 多毛症
  • 身体のだるさ・眠気
  • ニキビの発生
  • 手、足、顔の痺れや痛み
  • 性欲減退
  • 頭痛
  • 胸の痛み
  • 以上のような副作用が、よく見られるみたいです。リアップのような塗るタイプはそれほど副作用は目立たないみたいなのですが、服用するタイプのミノキシジルは注意が必要です。服用する場合は、必ず専門の医師の診断を受けてから、処方してもらうようにしましょう。

    ミノキシジル内服が服用できな場合

    ミノキシジルには塗るタイプと服用するタイプがあると説明してきましたが、以下の方は服用できませんのでご注意ください。

  • 不整脈の方
  • 心疾患のある方
  • 褐色細胞腫の方
  • 代謝経路の関係で肝機能障害を引き起こす可能性のある方
  • 上記の内容に心当たりがある方は服用できない場合がほとんどですので、服用を希望される方は専門の医師ご相談ください。上記に心当たりが無い方も、ミノキシジルを服用する際は、必ず専門のクリニック等で検査を受けたうえで、処方してもらうようにしてください。ミノキシジルには血管を拡張させる働きがあります。また心拍を上げる働き等もある為、非常に危険な状態になる事も稀にあります。ですから、他のサプリや薬等と併用して飲んで、大変な事になってからでは手遅れとなります。ですから、必ず専門の医師の診断を受けたうえでご利用ください。

    まとめ

    ミノキシジルの説明は以上になります。私はミノキシジル配合のAGA治療薬等は使用しておりません。私の場合、薄毛になり始めてすぐに皮膚科へと飛び込みましたので、AGA初期の段階で治療を開始することができました。なぜ皮膚科なのかと言いますと、知識がなかったからです。単純に「抜け毛は皮膚科だ!」と思っていたのが正直な理由です。ですが後に知る事になったのですが、AGA専門のクリニックがあるという事です。ですから、当サイトの記事を読み進めてくれている薄毛にお悩みの方は、AGA専門クリニックで、まずは無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。AGAは早めのケアが大切です。

    AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

    プロペシアのあれこれ

    今回はプロペシアに関する雑学的な内容をご紹介したいと思います。AGA治療薬と言えば、「プロペシア」と口をそろえて言われると思うのですが、そのプロペシアの服用によって起こる「初期脱毛」や、「プロペシアの偽物?」等の、ちょっと気になる事柄をまとめていきたいと思います。

    プロペシア服用後の「初期脱毛」

    みなさんご存じない方もいらっしゃると思いますので、プロペシア服用開始直後に起こる初期脱毛について、少しお話ししたいと思います。私自身経験したわけではないのですが、ちらっと小耳にはさんだので、念のため…。
    さて、この厄介なAGAなのですが、治療薬とした最も多く利用されているのが「プロペシア」と言う飲み薬です。簡単に言いますと、飲む育毛剤です。成分はフィナステリドと言う成分で、元々は米国が開発した前立腺肥大症の薬でした。

    そんな、AGAの方の救世主ともいえるプロペシアなのですが、服用開始直後に抜け毛の本数が増えるという現象が起こることが、稀にあるみたいです。これには、体質や様々な理由で個人差があるみたいなのですが、私の場合はそのような初期脱毛は起こりませんでした。

    この初期脱毛という現象なのですが、割合的には非常に少ないみたいです。ですが、AGAの方にとって検査を受けて、せっかく処方していただいたプロペシアを服用して、こんな状況になってしまったら、非常に焦ってしまうと思います。しかし、これは身体に合っていないとか、そんな理由で起こる現象では無いみたいなのです。では、どのような理由で、初期不脱毛が起こってしまうのかを解説していきたいと思います。

    「初期脱毛」が起こる原因

    プロペシア服用直後に発生する初期脱毛!この現象の確かな理由はまだ解明されていないという事なのですが、おそらく髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)が関係しているという見方が現在では最も有力なようです。

    そもそも、AGAとは男性ホルモンの関係で髪の毛の毛周期が乱れて起こる男性型脱毛症です。その乱れた毛周期を、もとの正しい毛周期へと戻そうとするのが、AGA治療薬のプロペシアの働きなのです。つまり、乱れた毛周期を、正しい毛周期へと戻そうとするプロペシアの力が働く為に、服用直後は一時的に抜け毛が増えるという仕組みなのです。

    これは、その人個人の体質に関係してくるのですが、初期脱毛はプロペシア服用後、約1、2週間後からはじまるそうです。そして、1ヶ月程すると治まってくるようです。その後は安定して、抜け毛が減ってくるのでご安心ください。そして、毛周期が安定してきて、通常のヘアサイクルに戻り、徐々に太くて長いしっかりとした髪の毛が生えてくるようになります。

    薬の作用で急激に抜けた髪の毛は、数か月後にはしっかりと生えてきますので、そこまで焦らなくても大丈夫という事です。しかし、初期脱毛がある方はプロペシアの効果が強く出すぎていると言う可能性もあるので、そのような症状が出た場合は、専門の医師にご相談ください。間違っても、自己判断でプロペシアの服用を止めたり、量が多いのかと勘違いして砕いたりして服用することはしないでください。
    ※数ヶ月経過しても抜け毛が収まらない場合は、必ず専門の医師にご相談ください。

    プロペシアには耐性があるの?

    AGAの方で、プロペシアの服用を考えている方なら、一度は考えた事があると思いますが、「プロペシアには耐性があるのか?」という疑問点です。

    【耐性とは】
    耐性とは簡単に説明しますと、身体が薬に対して抵抗力を持ってしまい、服用開始に比べて、薬の効果が薄れてしまうような状態の事を言います。

    これに関しては、気になる人もたくさん要ると思います。なぜなら、数年後に効かなくなると分かっているなら、服用開始を遅らせた方が良いのか!となってしまうと思います。ですが、プロペシアの体制に関しては根拠がないというのが事実の様です。

    実際に長年服用し続けていて効果があるという人もいれば。効果が薄れてきたという人もいます。現在の臨床検査の結果で分かっていることは、服用開始後5年間は確実に効果があるという事実だけです。人間の一生で考えてみると5年という数字はあまりにも短すぎるので、何とも言えませんが、こればかりは体質の問題等もあるので、確かな答えは出ていないようです。

    プロペシア自体の効果はたしかにあるのですが、ただ問題なのは、もともとプロペシアは男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響で変化する脱毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する働きがある薬なのですが、年齢を重ねるごとに、そのDHTが強力になりプロペシアでも抑えきれなくなるという場合もあるみたいです。

    また、長期に渡って服用し続けている人でも、はじめから効果が無い人もいるのは事実という事です。このような場合は、髪の毛の毛周期を正常に戻せなかったと判断して、それ以上服用を続けても意味がないという事で、医師の判断により服用を中止する場合もあります。

    ですから、DHTの分泌がより強力になりプロペシアの効果が薄れているのか、耐性で効果が薄れているのかは、根拠が無い為、非常に判断しにくいという事です。

    あなたのプロペシアは本物?

    みなさん気をつけてください!AGA治療薬のプロペシアの偽物が販売されていると聞きました!
    プロペシアは世界60カ国以上(2006年現在)で販売されています。私は知りませんが、海外サイト等でWEB上で購入することが可能なようです。プロペシアと言っても、さまざまな国で販売されていて、パッケージ等もいろいろあります。ですから、販売実績があり、どれだけ安心できるサイトであっても、WEBで購入するのはおすすめできません。いくら、値段が安いからと言って、そこはケチるところでは無いと思います。

    大切な髪の毛ですから、専門のクリニック等で検査を受けてから、正しい用法用量を守って服用するように心がけましょう。安易に手に入るものほど注意が必要です。クリニックに相談するのが恥ずかしいとか言っている場合ではないのです!ですから、まずはAGA専門のクリニック等で「無料カウンセリング」を受けてみることをおすすめします。
    「偽物買いの髪失い」にはならないでください!

    まとめ

    「プロペシアに関するあれこれ」いかがでしたか?まだまだ、謎が多いプロペシアなのですが、初期脱毛に関しては特に問題がなさそうですね。私も初期脱毛は経験してい無いので詳しくは分かりませんが、詳しく知りたい方は専門の医師に相談してみるといいと思います。耐性に関しても根拠がないので一概に何とも言えないようなのですが、私が言えることは「プロペシアは効果があります!」という事です。しかし、WEB上で販売されているプロペシアに関しては分かりませんが…。プロペシアは、専門の医師の診断を受けて、きちんとした用法用量を守った上で服用するようにしましょう。特に体内に入れるものですから、十分注意が必要です。私なら怖くて得体の知れない物を服用することはできませんが。だってそうでしょ!パッケージにはプロペシアと記載があっても、中身はプロペシアじゃ無い!なんてことも、今の世の中では普通にあると思いますよ。ですから、安いからと言って得体の知れない薬に大切なお金を払うのはやめましょう。

    AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

    AGA治療薬プロペシア

    さて今回はAGAの薬について、検証してみたいと思います。AGA治療の飲む治療薬として、広く用いられているのが「プロペシア」です。このプロペシアには実は副作用があります。服用量や間違えた利用法をすると大変なことになってしまいます。知っている人も、知らないという人もプロペシアに関する知識をしっかりと身につけて、自己責任で服用するようにしましょう。と、言うと少し怖くなってしまいますが、専門の医師から、その人に合った用量しか処方してもらえませんので、ご安心ください。

    AGA治療薬のプロペシアとは

    プロペシアとは、一般名はフィナステリドと呼ばれていて、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として「プロペシア」と言う商品名で多くの国で発売されています。フィナステリド(プロペシア)は米国のメルク社が開発し、元々は前立腺肥大の治療薬として、「プロスカー」と言う商品名で認可されたものらしいです。しかし、その後の研究でAGA(男性型脱毛症)において、髪の毛の成長がみられることが明らかとなり、1997年12月22日にFDAはフィナステリドをAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可しました。2006年現在では、世界60カ国以上で承認されていて、日本国内では2005年10月に厚生労働省によって承認され同年の12月に発売開始となりました。日本ではMSD株式会社(旧万有製薬)が販売の許可がおり、各クリニック等へ販売しています。プロペシアの詳しい内容については下記のプロペシア添付文書でご確認ください。

    プロペシア添付文書(PDF)

    プロペシアの有効成分について

    プロペシアの有効成分は「フィナステリド」です。フィナステリドは、5αリダクターゼ(還元要素)の阻害薬という分類の薬で、同じ分類の薬としては、プロスカー(フィナステリド5mg)の前立腺肥大の薬があります。これらの薬はアメリカテキサス州やメキシコにあるノコギリヤシという植物の薬効成分を研究してできた化学合成品と言われています。フィナステリドは筋肉増強剤の使用を隠ぺいする効果があると言われ、以前はドーピング剤のリストに入っていました。しかし、2009年1月以降は、検査技術の向上により筋肉増強剤等の検出が可能となり、現在ではドーピング罪のリストからは外れています。

    プロペシアの効果

    プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療に最も効果のある飲み薬として知られています。AGA(男性型脱毛症)の主な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)です。世の中のAGAで悩んでいる方の脱毛箇所(額・頭頂部等)の頭皮部分に通常より多くのDHTが確認されています。このDHTが毛乳頭の細胞に存在している男性ホルモン受容体と結合することによって、髪の毛の毛周期(ヘアサイクル)を極端に短くしてしまうのです。その結果、本来太く長く成長するはずの髪の毛が、細く短い状態で抜け落ちてしまい、薄毛になってしまうのです。プロペシアは、AGAの原因であるDHTを生成する為に必要な5αリダクターゼ(還元要素)を阻害する働きがあり、DHTの生成を抑制してくれます。つまり、AGAの原因であるDHTの生成が少なくなることで、すぐに抜け落ちてしまっていた細くて短い髪の毛が、通常のヘアサイクルに戻り、太く長い髪の毛へと成長させる効果があるのです。

    AGAは進行します。ですから、まずは進行を抑えることが一番大切なのです。少なくとも進行をくい止められたという意味では、フィナステリド(プロペシア)は98%の人達に3年間効果があったという結果も出ています。さらに髪の毛が実際に増えてくる人も多く、国内の臨床検査では、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%と髪の毛が増える人が継時的に増えていったのです。また髪が増えるだけでなく、髪質も太くなり、しっかりとした髪の毛に改善することもわかっています。それから、頭頂部に限らず、生え際等にも効果があります。

    プロペシアの副作用について

    プロペシアは非常に優秀なAGA(男性型脱毛症)の治療薬ですが、副作用もあります。巷では副作用が起こるのはわずか数%と非常に少なく、まんがいち副作用が起こったとしても大した事は無いと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?実際に臨床検査等でこのような結果が出ました。

    48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退 3 例(1.1%)、勃起機能不全 2 例(0.7%)等であった。

    (1)重大な副作用
    肝機能障害(頻度不明):肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。※必ずプロペシアを処方された医療機関にご相談ください。

    (2)その他の副作用
    次のような症状又は異常があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。※必ずプロペシアを処方された医療機関にご相談ください。

    種類/頻度頻度不明(注1)1~ 5 %未満1%未満
    過敏症瘙痒症、蕁麻疹、
    発疹、血管浮腫
    (口唇、舌、咽
    喉及び顔面腫
    脹を含む)
    生殖器睾丸痛、男性不
    妊症・精液の質
    低下(精子濃度
    減少、無精子
    症、精子運動性
    低下、精子形態
    異常等)(注2)
    リビドー減退注
    (3)
    勃起機能不
    全注(3)、
    射精障害注(3)、
    精液量減少
    肝臓AST(GOT)上昇
    、ALT(GPT)上
    昇、γ-GTP上昇
    その他乳房圧痛、乳房
    肥大、抑うつ症
    状、めまい

    (注1)自発報告あるいは海外において認められている。
    (注2)本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。
    (注3)市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。
    プロペシア添付文書(PDF)

    上記の内容はプロペシア添付文書内から引用しています。このような結果から見ても、副作用の発生確率は非常に低いことが分かります。仮に症状が出たとしても、日常生活に支障をきたすことはなく、自覚症状レベルです。特に性機能の低下を心配される方が多いのですが、上記の表を見てもらえばわかるようにリビドー減退は5%未満で、勃起機能・射精障害・精液減少は1%未満です。確率的にはかなり低くなっています。ですが、その他の物は頻度不明となっておりますので、注意が必要です。それに肝臓が悪い人は特に注意が必要となっております。いずれにしても、必ず医師の診断を受けてから服用するようにしてください。

    まとめ

    いかがでしたか?簡単ではございますが、プロペシアについて解説させていただきました。プロペシアはAGAの方にとっては、救世主のような薬です。確かに進行は止まります。そして、少しづつですが、髪の毛はしっかりと成長するようになり、元のフサフサだった頃に戻っていきます、ですが、育毛効果は本当にゆっくりですので、なかなか実感が湧かないという方がほとんどです。しかし、放置しておくと、いつかは完全にその部分だけ髪の毛がなくなってしまいます。そうなってから後悔しても、二度と髪の毛は戻ってきません。確かに、副作用の事も気にはなりますが、上記の表や添付文書を見ていただければわかるように、確率はものすごく低いです。現に私は副作用は一切出ていません。ですから、副作用の事ばかり考えていても埒があきませんので、まずは無料カウンセリングをおすすめします。何事も専門の人に聞くのが一番です。「餅は餅屋」という事ですね!

    AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します