タグ別アーカイブ: 薄毛

髪の毛を生成する三大要素

みなさんの大事な髪の毛を少しでも多く、太く、長く、しっかりとした毛を作る為には以下に上げる三大要素がとても大事です。日々の食生活を改善し、元気な髪の毛を取り戻しましょう。という事で、今回は髪の毛を生成するのに、最も重要な栄養分についての勉強をしていきたいと思います。多くの方は、髪の毛はタンパク質から生成されているのは分かっていると思うのですが、そのタンパク質を何の食材から摂取すればよいのか分かる人は、少ないと思います。タンパク質と聞けば肉と思い浮かぶと思いますが肉ばかり食べていると…。

髪の毛の原材料はタンパク質です!

みなさんの大事な髪の毛の主成分はタンパク質です。タンパク質は髪の毛を健康に成長させるうえでの最も重要な栄養素の1つです。巷ではアミノ酸が重要だと言われていますが、タンパク質とアミノ酸は同じと思っておいてください。

例えば、アミノ酸はタンパク質として存在していますので、お肉を食べるとアミノ酸に分解してから人間は吸収して、そのアミノ酸を使って、遺伝子のプログラムに従って、人間のタンパク質を作っているという事なのです。それから、タンパク質には動物性の物と植物性の物と2種類あります。

動物性タンパク質は「肉・魚・タマゴ」植物性のタンパク質は「豆腐・納豆」つまり豆類です。2種類のたんぱく質をバランスよく摂取する方が良いのですが、今回は薄毛対策という事もあって、植物性タンパク質である豆類を優先的に摂取する方が良いでしょう。なぜなら、動物性タンパク質は、内臓に脂肪が付きやすく、肝機能や消化器系の機能低下や血行促進には良くないので、おすすめはしません。それに、メタボでハゲだと嫌になりますよね!ですから、極力植物性タンパク質を摂取するようにしましょう。

亜鉛はビタミンの吸収を良くしてくれます!

髪の毛の主成分であるタンパク質を、毛髪合成する際に必要になってくる栄養差が「亜鉛」と言われています。亜鉛とはミネラルの1種です。この三大要素の中でも一番不足になりがちなのがこの亜鉛です。亜鉛と言われてもピンと来ないですよね?亜鉛は主に肉類、魚類、穀物に多く含まれています。

その中でも多く含まれているものは牡蠣や牛肉になります。ですが、牡蠣を頻繁に食べるわけにもいかないし、牛肉の食べすぎはメタボになるので、亜鉛に関しては、亜鉛がたくさん含まれているサプリ等で補うのも1つの方法かもしれませんね!

ビタミンを摂って頭皮環境の改善をしよう!

ビタミンを摂って現在の頭皮環境を正常化していくのですが、ビタミンと言っても種類が多すぎて、どのビタミンが髪の毛に良いのか?わからないですよね!そこで、育毛に最も適しているビタミンをご紹介します。

ビオチン

ビオチンはビタミンB群の一種でビタミンB7やビタミンHと呼ばれることもあります。髪の毛の育毛には欠かすことのできないのがビタミンB群です。ビオチンは毛細血管を太くする働きがあり、毛細血管が太くなることで新陳代謝が活発になり、髪の毛と頭皮の健康維持と寿命を延ばす働きをしてくれます。あと、コラーゲンを生成する働きもあるので、美容的にも注目されることが多いです。それから、髪の太さにも関係しています。

ビタミンB2・B6・E・C

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあり、不足すると、皮膚や粘膜に影響を与えるので、頭皮があれてフケや、痒みの原因となります。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に効果を発揮するビタミンです。亜鉛の働きを助け、髪の毛を生成しているケラチンと言うタンパク質の合成に役立ちます。ビタミンB6が不足すると皮膚炎や、貧血にもなり、頭皮環境が非常に悪くなると言われています。

ビタミンEは血管の拡張作用があります。ですから、血行不良は頭皮への栄養供給を阻害する為、薄毛対策には効果的です。ビタミンC類と一緒に摂取すると吸収率が高まり良いと言われています。

ビタミンCは疲労回復や、髪の毛を強くするコラーゲンを合成する効果や、亜鉛の吸収を高める効果があります。また、ビタミンCが不足すると、ストレスの原因となり血行が悪くなりますのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?タンパク質の重要性や、どのように摂取すればよいか分かっていただけたと思います。今後は、動物性タンパク質を過剰摂取しないように気をつけましょう。薄毛でメタボになっちゃいますからね。それに、日々の食生活で全てを補うのもなかなか難しいと思います。そういう時は、サプリメント等で補いましょう。それから、今回はじめて聞いたと思いますが「ビオチン」、こちらも髪の毛の育毛や発毛にとっては必須のビタミンという事ですね。今回勉強した内容は、今後の為にも覚えておきましょう。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

髪の毛の基本構造と主成分

髪の毛の基本構造や髪の毛の主成分について、解説していきたいと思います。私たちが普段目にしている髪の毛は毛幹部と言います。そして髪の毛の主成分はケラチンと言うタンパク質を主成分として生成されています。そこで今回は、髪の毛が3層構造になっている事や、髪の毛の主成分であるタンパク質について詳しくお勉強していきましょう。

髪の毛の基本構造

まずは、髪の毛の基本構造なのですが、髪の毛は3つの層に分かれています。これは、多くの方が知っていると思いますが、詳しい内容まで把握している方は非常に少ないと思います。髪の毛は中心から、メデュラ(毛髄質)コルテックス(毛皮質)キューティクル(毛表皮)という様な型で3層になっています。ではそれぞれの部分について解説していきます。

メデュラ(毛髄質)

少量のメラニン色素を含み立方体系の細胞が蜂の巣のように並んでいて、内部には空気を通す穴が開いていて、その穴に空気が溜まる仕組みになっています。メデュラは空気を溜める働きを持っていて、高温や低温から脳や頭皮を守る働きがあります。成分としては、タンパク質と脂質で構成されています。そして、メデュラは髪の毛の太さやコシの強さに大きく関わっていて、メデュラのが太いと、太くて硬い髪の毛になります。産毛や、赤ちゃんの髪の毛は細くて、コシが無いので、メデュラが無い状態と言われています。

コルテックス(毛皮質)

髪の毛の大部分を占めているのがコルテックスになります。メラニン色素を含む細い繊維状のタンパク質が集まり束になっています。このメラニン色素によって、髪の毛の色が決まっています。また紫外線から頭皮を守る働きもあります。人種によって髪の毛の色が違うのは、このメラニン色素の量が違う為です。

キューティクル(毛表皮)

キューティクルはみなさんも聞いたことがあると思います。キューティクルは髪の毛の表面のウロコの様に固く、透明な細胞が重なり合ってウロコ状になっています。ウロコ状になっていることで、外部からの汚れが付きにくく、内部からの栄養素が逃げにくい仕組みになっています。このキューティクルが壊れると、手触りや見た目に大きく影響し、毛身の毛の水分を保持することができなくなる為、パサパサで柔軟性のない髪の毛になってしまいます。

以上が髪の毛の基本構造となります。こちらの内容も知っていて損は無いと思いますので、要チェックです。それから、髪の毛は皮膚等と違い自然治癒能力が無いので、一度傷ついてしまうと、生え変わるまで傷付いたままの状態となります。ですから、大切にケアしていきましょう。

髪の毛の主成分

髪の毛の主成分はタンパク質です。というか、人間の身体は主に水分とタンパク質で構成されています。髪の毛はケラチンと言うタンパク質で形成されています。このケラチンは、18種類のアミノ酸が結合してできるタンパク質なのです。ですから、巷でよく言われるアミノ酸系のシャンプーが髪の毛や頭皮に良いというのは髪の毛の主成分がアミノ酸から成るタンパク質だからなのです。そして、このケラチンなのですが、髪の毛だけではなく、皮膚や爪等の角質層も形成する成分となっています。あまり知られていませんが、実は髪の毛は皮膚が変化したものなのです。つまり皮膚の延長にあるものという事です。ケラチンの特徴としましては、弾力があり、水分を含んだ繊維状の細長い形状をしていて、アミノ酸の配合により2種類に分けられます。1つは硬ケラチンと言って、髪の毛や爪を構成するケラチンで、もう1つは、軟ケラチンと言って、皮膚の角質層を構成しています。それでは、ケラチンの18種類のアミノ酸の正体を細かく見ていきましょう。

髪の毛を構成する18種類のケラチン

アミノ酸名
含有率(%)
アミノ酸名
含有率(%)
グルタミン酸
15.00
プロリン
6.75
シスチン
13.72~16.00
グリシン
6.50
ロイシン
11.30
チロシン
5.80
アルギニン酸
10.40
バリン
4.72
セリン
9.41
アラニン
4.40
アスパラギン酸
7.27
フェニルアラニン
3.70
スレオニン
6.76
リジン
3.30
メチオニン
0.71
トリプトファン
0.70
ヒスチジン
0.70
ヒドロキシプリン
0.21

成分としてのケラチンの特徴は、繊維等のタンパク質にほとんど含まれないシスチンと言う成分を約16%も含んでいるという事です。

シスチンとは

シスチンとは、含硫アミノ酸(硫黄成分を持つアミノ酸)で、ケラチンを構成する上記表の18種類のアミノ酸の1つである、メチオニンからも合成されるのですが、メチオニンは体内では合成されることのない必須のアミノ酸なのです。私たちが生命を維持する為に必要なアミノ酸の中でも特に重要な成分で、メチオニンは先述しましたが、体内では合成されることが無いので、植物等から摂取しなければならないものなのです。つまりメチオニンは髪の毛を構成するのに必須のアミノ酸なのですが、日々の食生活で取り入れていかないといけないという事です。では、このメチオニンが含まれる食材なのですが以下の物があげられます。「大豆・牛乳・レバー・玉子・肉・魚・小麦粉(全粒粉)」等から摂取することが可能です。ですから、こちらの食材を、日々の食生活の中でバランスよく取り入れていきましょう。育毛の為にはこの、メチオニンをしっかりと取り入れて、シスチンを体内にしっかりと蓄えましょう。

さて、ここで注意が必要なのですが、シスチンは「アセトアルデヒド」の分解に消費されます。ではアセトアルデヒドとは一体何なのでしょうか?アセトアルデヒドとは、飲酒することによって発生してしまう、有害な成分です。ですから、せっかく体内に蓄えたシスチンも、飲酒することによって失われるという事です。ですが、少量の飲酒ならそこまで気にすることは無いでしょう。過度な飲酒は育毛に必須なアミノ酸のシスチンを、アセトアルデヒドの分解の為に、大量に消費してしまう事になるのでくれぐれも飲みすぎには、注意しましょう。

その他、パソコンやTVゲーム、スマホ等を長時間利用し続けると、網膜が疲れてしまいます。網膜の疲れにもシスチンは消費されますので、できるだけ控えるようにしましょう。人間の身体で栄養が送られる順番は、髪の毛が一番最後になります。ですから、髪の毛にシスチンが届く前に、髪の毛以外の箇所でシスチンが必要な個所があれば、そちらを優先する為どうしても髪の毛は後回しになってしまいます。そうなると、髪の毛の育毛に必須なシスチンが、髪の毛に送られなくなってしまうので、結果薄毛となってしまうのです。ですから、何度も言っていますが、育毛・発毛にとって、何事もバランスのとれた生活習慣が必要という事ですね。シスチンの無駄遣いはやめましょう。

まとめ

髪の毛の基本構造と主成分について解説しましたが、キューティクルと言う言葉はみなさんも聞いたことはあると思うのですが、他のメデュラやコルテックスと言う言葉は、はじめて聞いたという人がほとんどだと思います。ですが、今回で髪の毛の3層構造についてマスターしていただけたと思います。それから、髪の毛の主成分についても解説しましたが、特に重要なシスチンを無駄遣いしてはいけないという事ですね。ゲームが好きな方や、最近では暇があればスマホゲームをしている方等は注意が必要ですね。それから、お仕事でパソコンを頻繁に使う方もご注意ください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

髪の毛に良い食生活

髪の毛にとって、食事は大きく影響してきます。毎日食べる食事なのですから、少しでも髪の毛を多くするために、発毛や育毛に効果的な食事の習慣を身につけるようにしましょう。
かたよった食生活をしていると、後で後悔することになります。これはもちろん髪の毛もそうなのですが、それ以前に身体を壊してしまいます。身体を壊してしまうと、髪の毛は一生生えてきません。ですから、髪の毛のケアも、もちろん大切なのですが、まずは体のケアもしていくように心がけましょう。

食事もこうすれば髪の毛に良い!

栄養バランスのとれた食材を使った食事!これは、髪の毛だけの問題ではなく当たり前のことですね。ですが今回は、髪の毛に良い食事の習慣という事で解説していきます。髪の毛にとって最も重要な栄養素は、「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」です。しかし、この3つだけを摂り入れていれば良いと言うわけではなく、上記の物はあくまでも、髪の毛に必要な三大要素という事なのです。ですから、上記の3つはもちろんのこと、それ以外に脂質や糖質も髪の毛の生成には必要になってきます。

髪の毛の生成には、頭部以外にある人体器官も関係していますので、それらの器官はタンパク質、亜鉛、ビタミンだけでは正常に機能しないのです。要するに、頭部に酸素や栄養分を運搬するのには、血液が必要ですよね!その血液を作るには鉄分が重要になってきます。ですから、健康な太くて長い髪の毛を生成するには、三大要素「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」以外にも、上記の様に間接的に鉄分等が必要になってくるのです。

つまり健康的な頭皮を作るには、健康的な身体が必要という事です。健康的な身体を作るには、三大要素以外の栄養分も必要になってきます。髪の毛の事ばかり気にして、「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」ばかりを過剰摂取していても、髪の毛にとっては逆効果という事です。毎日の食生活を、きっちり見直して、育毛にとって効果的な食事習慣を身につけましょう。そのうえで重要な事は、好き嫌いをせずに、さまざまな食材を摂って、栄養バランスの良い食事を摂取するようにしましょう。

水分補給はとっても大事です!

血液によって頭部への酸素・栄養分の運搬が行われているのですが、血液にとって水分はとっても重要なのです。なぜかと言いますと、血液の約半分は水分なのです。その水分が不足すると、髪の毛の生成に必要な健康な血液が作られなくなるので、水分補給はこまめに行いましょう。基本的に人間が1日に必要とする水分の量は2~2.5ℓぐらいです。ですから、食事から摂取する水分もあるので、食事以外で1日約1.5ℓの水分は取るようにしましょう。ここで、注意してほしいのですが、がぶ飲みはいけません!必ず約5回~6回ぐらいに分けて水分補給するようにしましょう。

食事で摂れない栄養分はサプリ等で補給する!

人間は毎日朝、昼、夜と食事を摂ります。その1日3回の食事で、髪の毛の生成にとって必要な栄養素を全て摂取するのは非常に難しいと思います。ですから、そのような場合はサプリメント等で栄養補給をしましょう。これはあくまでも、補助的にと言う意味です。乱れた食生活でサプリメントを摂取しても全く意味がありませんので、必ず食生活はきちんとした上で補助的にサプリ等を活用してください。特に「亜鉛」を含む食材が限られていると思いますので、「亜鉛」に関してはサプリで補給すると良いでしょう。亜鉛は、髪の毛の生成には必要不可欠な栄養分ですので、バランスよくしっかりと摂取しましょう。最近では、亜鉛を適度に含む育毛サプリメントも出ていますので、そのような商品を一度試してみてください。

食事は規則正しくきっちり3食!

以上の説明から、栄養バランスの良い食事を摂取するという事は、わかっていただいたと思いますが、規則正しい時間に、きちんと3食摂るようにしてください。毎日の食事の時間がバラバラだと、食事の量や栄養バランスが乱れやすくなってしまいます。それにホルモンバランスにも影響しますので、毎日の食事の時間はできるだけ決まった時間に食べるようにしましょう。なぜかと言いますと、人間の身体には交感神経と副交感神経と言うものがあるのですが、食べたものを消化する活動をコントロールしているのは、副交感神経です。ですから、毎日決まった時間に食事をすることによって、副交感神経もその時間に食料が体内に取り込まれる事を覚えて、消化器系の内臓が活発に働くようになります。つまり、活発に働くという事は、同じ栄養量の食事を摂取していても、吸収率が高まります。という事は、髪の毛にとって規則正しく食事を摂ると、とても良い影響を与える事になるのです。ですから、食事は規則正しい時間に摂ることを心がけましょう。

まとめ

「髪の毛にプラスな食生活」という事で解説してきましたが、バランスは食生活だけに限った事ではないのです。食事も水分補給も運動もそうですが、すべてバランスよくする事を心がけましょう。全てをバランスよくすることで、ストレスの緩和にもなり、髪の毛にとって良い影響を与える事になります。ですから、まずは食生活の乱れを改善し、髪の毛に良い食生活を習慣付けて行きましょう。それから、仕事もバランス良くしましょう!せっかく髪の毛にプラスな食事をしていても、仕事によるストレスが原因で、髪の毛が抜け落ちてしまうという事も、よく聞く話ですので、ご注意ください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

髪の毛で健康状態をチェック

みなさんは髪の毛が健康のバロメーターと言われているのをご存知でしょうか?意外とみなさん知らないのですが、髪の毛は体の健康に大きく関係しているのです。体の健康状態の他に心の健康状態も管理する役割を担っています。要するに髪の毛であなたの身体や心の健康状態が分かってしまうのです。身体の健康状態と言われればなんとなくわかると思うのですが、心の健康状態?となってしまうと思います。カンの良い人は分かると思いますが、「ストレス」の事です。ご存じとは思いますが、ストレスは髪の毛にとって天敵です。それでは、どのようにして髪の毛で、それぞれの健康状態が分かるのかをお勉強していきましょう。

髪の毛で身体の健康状態をチェック

私達人間は、毎日のように食事を摂ります。その食事から摂りこんだ栄養素をまずは、生命の維持に直接関係する内臓や脳に送られます。このような仕組みは、身体が自らの命を守る為に必要な仕組みなのです。また、病気があったりする場合は、その病気を治す為にたくさんの栄養を消費します。その他、仕事や、スポーツ等で身体に疲労が溜まっていたりすると、その疲れを取り除こうと、たくさんの栄養を消費します。

このような、状態で、髪の毛、皮膚、爪等に栄養が回ってくるのは一番最後になってしまいます。つまり、髪の毛や皮膚、爪等の最後に栄養が回ってくる箇所が元気であれば、身体が健康である証拠なのです。ですから、薄毛の人は髪の毛や頭皮に十分な栄養が送られていないという事になります。

これは、一概にそうとも言えないのですが、髪の毛が薄毛になる原因に血行不良やホルモンバランスの崩れがあります。このような状態になると髪の毛まで十分に栄養が送られないという事なのです。

つまり、日々の食生活で髪の毛に良い栄養素を十分に摂取していたとしても、疲労が溜まっていたり、血行不良等が原因で、髪の毛まで必要な栄養素が運搬されないと言う状況になってしまいます。疲労に関しては、そこまで重要な問題では無いと思いますが、血行不良に関しては、注意が必要です。血行不良を改善するには、生活習慣の改善が最も効果的だと言えます。ですから、今現在薄毛になりつつある方は、生活習慣の改善を第一に考えましょう。

髪の毛で心の健康状態をチェック

心の健康状態とは、いわゆる「ストレス」です。ストレス社会の現代では、ストレスが溜まる一方です。ストレスは「脱毛促進剤」と言っても過言ではありません。ストレス自体が正常な髪の毛を、抜け毛、薄毛にさせてしまう原因1つなのです。ですから、ストレスは極力溜め込まないようにすることがとても大事なのです。いくら、AGA治療でしっかりとケアしていても、ストレスが原因でまたまた薄毛に逆戻りなんて事も実際にあります。

ストレスが解消されるだけで、太く長い髪の毛が生えてくるという事例も実際にあるのです。それに、髪の毛が薄くなることによって、自分への自身が無くなり消極的になったりすることもあります。髪の毛で精神状態も左右される場合もあるので、薄毛は非常に危険な病気と言えるでしょう。

ストレスは間違いなく薄毛の原因の1つです。ですから、抜け毛が増えてくると先述した、生活習慣の改善や、ストレスの原因を探っていきましょう。ストレスが原因で薄毛になる仕組み等は「ストレスは薄毛の原因?」で詳しく解説していますので、是非ご参考にしてください。
⇒ストレスは薄毛の原因?

髪の毛を守って健康な身体を手に入れよう

別記事でも少しお話ししましたが、私達は日々の食生活を通して、食品等から私たちの身体にとって有害な「水銀・カドミウム・ヒ素・鉛・銅」といった重金属類が体内に吸収されています。これらの重金属類は通常、髪の毛や、体毛、汗等を通して身体の外へ排出されています。ですが、髪の毛が薄くなることによって、これらの機能が低下して、内臓への負担をかけてしまう事になるのです。髪の毛は頭皮や脳を守っているのですが、実は内臓も守る役割があったのです。

毛髪を分析することによって、その人の日常の食生活の状況や、有害な重金属類によって身体が汚染されているかいないか等を調べることができます。このようにして髪の毛は、私たち人間の身体の中に溜めておいてはいけない有害な物質を24時間排泄し続けて、身体としての健康状態のバランスを保つ重要な働きを行っているのです。髪の毛があるからカッコ良い!無いからカッコ悪い!という事が問題なのではなく、私たちが毎日楽しく健康で長生きできるかできないかという事に、実は大きく関わっているのです。身体も心も楽しい毎日を過ごす為には、一本一本の髪の毛を大切にしていく事を心がけましょう。薄毛は、あなたが思っている程簡単な問題ではないという事です。

まとめ

髪の毛は健康のバロメーターとは良く言ったものです。みなさんの健康状態はどうですか?おそらく、あまり良くないと思います。でなければ当ページには辿り着かないですものね。ですが、今は不健康な状態でも、しっかりと正しい方法でケアしてあげると、あなたの髪の毛は健康で、太くて、長い髪の毛に復活するでしょう!私も、当時は薄くて、細い髪の毛ばかりでしたが、今では元気で健康な髪の毛達が生えそろっています。誰でも生えますよ!とは言えませんが、AGA治療はまずは薄毛の進行を抑えることに意味があります。もちろん、発毛や育毛にも効果はありますが、どうしても時間がかかります。ですから、とりあえず脱毛の進行を一刻も早く止めてあげて下さい。AGAは日々進行を続けています。悩めば悩んだ分髪の毛が抜け落ちてしまいますので、早めのケアをおすすめします。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

髪の毛が生える仕組み

一般的にはあまり知られていないことなのですが、髪の毛は皮膚の一部が変化したものなのです。髪の毛は、皮脂腺や汗腺と一緒に胎児の発育と共に発生し、皮膚の発生に伴って生まれてきて、角化の形成が進行してはじめて1本の髪の毛となるのです。

髪の毛はこうして生えてきます

髪の毛が生える発毛のメカニズムは、初めに毛包が作られることによってはじまります。毛包は胎児のときに皮膚が陥没してできます。そして、その下に毛母細胞と言う、髪の毛の製造工場的なものがあり、そこで細胞分裂が行われることによって、髪の毛が生成され育毛していくのです。髪の毛の成長に必要な栄養素は18種類のアミノ酸から成るケラチン(ケラチンについてはこちら)と言うタンパク質で、これらは毛細血管によって運搬されます。

そして、ご存知の方もいらっしゃると思いますが髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)があります。髪の毛は毛母細胞が刺激を受けることによって、成長し太く長い髪の毛へと育毛するのですが、この生長期間が男性と女性でそれぞれ異なります。男性で3~5年、女性で4~6年と言われております。髪の毛は始めは細くて柔らかい髪の毛なのですが、成長するにつれて、太くて硬い髪の毛へと変化していきます。やがて、髪の毛は成長が止まり(休止期)抜け落ちてしまいます。そして、古くなった髪の毛は頭皮の上部へと上がっていき、下の部分では、新しい髪の毛が準備(毛芽の発生)しています。

通常毛穴の状態が、健康であれば古い髪の毛が抜け落ちた後すぐに新しい髪の毛の発毛が始まるのですが、ホルモンバランスの崩れや、ストレス等の原因でこうした生え変わりの作業がうまくできない場合があります。このような状態が続くと、髪の毛が抜け毛ばかりになり、薄毛になってしまうのです。髪の毛は、それぞれが独立したヘアサイクル(毛周期)があり、独自に生え変わっていくのです。

それから、髪の毛は年を重ねるごとに少しづつ変化していきます。生まれてすぐの乳児や幼児は髪の毛が細くて柔らかいのですが、10代に入ってくるとしっかりとした太くて硬い髪の毛へと変化していきます。成人の毛表皮と乳児や幼児の毛表皮の厚みを比べてみると、乳児や幼児の物は成人に比べて半分ぐらいの厚みしかありません。10代に入ってくると成人とほぼ変わらないしっかりとした髪の毛になってきます。

私たちの髪の毛は、毛根の一番下の部分にある、毛乳頭から栄養を受け渡された毛母細胞が刺激を受け、細胞分裂を繰り返し髪の毛が生成されて、上の方に押し上げられます。そして日々成長していくのです。しかし私達の髪の毛は毎日約60本ほど脱毛を繰り返し行っています。私達の髪の毛は、1つの毛穴から3~5本程髪の毛が生えています。その内の主毛と呼ばれるもの以外の毛は3.4~6.7年前後の周期で脱毛と発毛を繰り返し行っているのです。

ですから、自然とみなさんの髪の毛は抜けるものなのです。とくに心配はいりませんが、1日に100本以上抜け毛がある場合は、専門のクリニック等に相談してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?髪の毛が皮膚の一部だったなんて、当時の私も知りませんでした!しかしAGA治療と出会ってから、なぜ人間はハゲるのか?そして、なぜ私なんだ?と思うようになり、徹底的に髪の毛について、調べることにしました。そのおかげで、髪の毛の知識は人1倍付き、髪の毛を元の元気な姿に戻してあげることに成功しました!とは言ってもAGA治療薬「プロペシア」は服用していますが…。ですが、AGA治療を行い、さらに自分でできることは、がんばってみる!これが発毛・育毛にとって一番の近道だと私は思います。

できれば、薬を飲まない方が良いのですが、今の私は薬を辞めてしまうと、ダイエットではございませんが、リバウンドが起きそうで少し、ビビッています!しかし。このような髪の毛の生える仕組みを、少しでも理解することで、髪の毛の成長にとって必要な栄養素が分かったり、抜け毛や薄毛になる原因が分かったりしますので、AGA治療と直接の関係はなくても、発毛や育毛には必ず必要な知識となってきますので、覚えておいてください。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

生活習慣でAGA(薄毛)対策

食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足等いろいろと生活習慣を改善しないといけないことは、山ほどあると思います。この、生活習慣病ともいえる事なのですが、髪の毛に大きく影響してくることを、あなたは知っていますか?私は薬を飲んでいるから大丈夫!などと言っていると、大変な事になります。本当は、薬は飲まない方が良いに決まってますからね。つまり【クスリ=リスク】という事です。しかし、どうしても薬を飲まざるを得ないような状況にある人は服用してください。私が言いたいことは、薬にばかり頼らずに、自分で改善できることは努力するという事です。それでは生活習慣の改善に関するお勉強を始めましょう。

薬等に頼らず出来ることをする

AGA治療も、もちろん大事なのですが、薬や治療ばかりに頼らずに、自分で改善できる「生活習慣」にも目を向けていきましょう。AGAの進行を抑えるには、さまざまな育毛ケアが必要なのです。この記事では、AGA治療を進めていく上で、平行して自分でできるAGA対策の方法をご紹介します。ですが、専門の医師から、薬の服用を促されている場合はきちんと服用してください。AGAの治療薬「プロペシアは」自己判断で服用の中断をしてはいけません。

生活習慣の改善

わたしたち人間の髪の毛にとって、良い習慣と悪い習慣があります。毛にとって良い習慣を、普段から日常に取り入れて生活していくことを心がけましょう。その中で、最も気をつけていただきたい事が、「血行促進」「栄養バランス」です。この2つはAGA対策にとっても大事な事なので、しっかり勉強してくださいね。

血行促進でAGA対策

育毛にとって、とても重要な血行促進についてお話しします。AGAによる薄毛の原因の1つとして、頭皮や毛根の血行が著しく低下する為に起こると言うことも考えられます。もちろん、男性ホルモンが大きく影響している場合がほとんどなのですが、日常的に血行促進を心がけることで、頭皮や毛根、毛に栄養が届きやすくなります。まずは、頭皮や毛根、毛に栄養を送る導線である血管を充分に確保してあげて下さい。血行促進の為には、頭皮マッサージやスカルプケアシャンプーを使用して、頭皮環境を良くする事が有効です。頭皮環境が良くなると、フケや痒みも消え、頭皮が潤い、弾力のある柔らかな頭皮が出来上がるのです。ですから、血行促進の為にも頭皮マッサージは日常的にクセづけてください。それから、スカルプケアシャンプー等も使うとなお良いと思います。

頭皮部分の血行の重要性

髪の毛(頭皮)は、わたしたちの身体の中で最も細胞分裂が活発に行われる場所です。ご存知かと思いますが、通常であれば髪の毛は1日に0.3~0.4mm程伸びています。つまり、1ヶ月に平均して約1cm伸びていると言うことです。

人間の髪の毛は、一般的には約10万本生えていると言われています。ただ、その人種の持つ色素(髪の毛の色)等で多少違いがあるみたいですが、我々日本人の黒髪で約10万本と言われています。しかし、日本人の中でも、個人差があり多い人では14.5万本とも言われています。そうすると、1ヶ月に髪の毛が伸びる長さを計算すると【10mm×100000本=1000000mm】全体で1000メートルも1ヶ月に髪の毛が伸びていると言う計算になります。こう考えると、頭が如何に細胞分裂が活発な部位で、大量の栄養が必要かがわかると思います。

ですから、頻繁に細胞分裂を繰り返す毛母細胞に栄養を十分に送る為には、血行が良いということが大前提になるのです。髪の毛を生成する成分は主にタンパク質です。その栄養分であるタンパク質を運搬するのが血液です。血液は血管を通って、頭皮の下部分にある毛細血管へと栄養分を運搬するのですが、その毛細血管が血行不良を起こしていれば、どれだけ髪の毛に良い栄養分を摂取していても、髪の毛まで届くはずが無いのです。

頭皮マッサージはもちろんのこと、頭皮の血行を少しでも良くする為に生活習慣の改善等も必要になってきます。一度自分の頭皮を触ってみてください!どうですか弾力があり潤っていますか?それともカチカチに固まっていますか?頭皮が硬い方は要注意です。それから肩こりがひどかったり、手足の先が良く冷える方も血行不良の疑いがあるので注意が必要です。

栄養バランスでAGA対策

AGA治療薬で5αリダクターゼの制御ができたとしても、先ほども言いましたが、問題の毛に栄養を届けないといけません。なぜなら、いくら薬で5αリダクターゼを制御していても毛が栄養失調だと薄毛は改善されません。AGAの人やAGAでは無い人も、毛に必要な栄養が不足していると、薄毛、抜け毛が発生し、結果としては「ハゲ」になってしまいます。

特に食生活の乱れは、毛に良くありません。思い当たる節がある方は、食生活を見直す様に心がけましょう。また、栄養バランスや食生活の乱れによる、消化不良や内臓系の機能低下は、毛の栄養不足になってしまうので育毛にとって良くありません。ですから、体の内側から、対策を行うという意味で栄養バランスを整えるという事は、非常に効果的な手段と言えます。肝機能や消化器系の機能低下による栄養障害は、薄毛の天敵です。薄毛改善の為にも、日ごろからバランスの良い食生活を心がけましょう。

髪の毛を生成する為に、最も重要になってくる三大要素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」です。日々の食生活で、不足しがちな栄養分はサプリ等で摂取する方法もあります。ですが、最も注意してほしいのが、大量にサプリ等を服用すること!これは1つ間違えると、逆効果になります。サプリの成分によっては、過剰摂取により脱毛を引き起こす作用をするものもあります。ですから、くれぐれもサプリ選びにはご注意ください。それから、バランスの取れた食生活に関しても、今回記事にする予定でしたが、少し長くなりすぎたので、次回詳しく説明させていただくことにします。

まとめ

いかがでしたか?日々の生活習慣が如何に大切かと言うことが良く分かったと思います。血行不良を起こすと、抜け毛を促進させ薄毛になると言うことが良く分かりますね。ですから日々の頭皮マッサージ(シャンプーの方法)や、食生活には十分気を使い、血行促進を目指してがんばりましょう。食生活を少し変えるだけでも髪の毛にとって、とても良い方向へと進みます。今回の記事では少し長くなりすぎたので、食生活に関する内容は控えさせていただきましたが、次回はバランスの取れた食生活等について記事にしていきたいと思います。

長文にお付き合いいただきありがとうございます。髪の毛は、日々の生活習慣を少し変化させるだけでも現状と大きく変わっていきます。もちろん良い方向へと変わると言うことです。ですが、少しの期間であきらめてしまう人が多すぎるのです。あきらめずに継続することです!「継続は力なり」と住岡夜晃と言う人が言ってました。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

AGA 薄毛になる習慣

この記事では、薄毛いわゆる【AGA(男性型脱毛症)】になりやすい習慣をまとめてみました。あなたにも思い当たる節があると思いますので、ご注意ください。下記に薄毛に関係する代表的な習慣を3つ上げたのですが、これはかなりの確率で薄毛を引き起こします。ですが、急にこれらの習慣を辞めてしまうと、逆効果になってしまう場合があります。つまり、今まで当たり前だったことが急にできなくなる!特に喫煙などに良くみられる症状なのですが、「ストレス」です。急激に禁煙してしまうと、かえってストレスが溜まる一方になり、抜け毛が促進される場合も稀にあります。ですから、当記事を読んでみて、薄毛克服の為にも禁煙を試みてみようという方は、必ず医師の診断を受けてから、正しい方法で試してみてください。

タバコは薄毛の原因です!百害あって一利なし

最近では喫煙箇所が激減してきていることもあって、年々喫煙者の数が減ってきているように思います。タバコは、「百害あって一利なし」と言われているように、人間の身体にとって良いことは1つもありません。むしろ悪いことだらけです。では、なぜタバコは髪の毛にとって良くないのか?という事なのですが、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあります。つまり血管が収縮すると、薄毛の原因である血行不良になってしまうのです。血行不良になると、髪の毛は健康に育ちません。それからニコチンはビタミンCを破壊するので、髪の毛の生成に最も重要な「亜鉛」の吸収効率がとても悪くなります。亜鉛は髪の毛の生成にとって最も重要な三大要素なので、ビタミンCが破壊されるという事は、亜鉛も不足するという事なのです。ですから、薄毛を克服したいのなら、喫煙をやめましょう。ですが、急に禁煙をすると、ストレスが溜まり逆効果になる場合もありますので、必ず医師の診断を受けてから禁煙するようにしましょう。

お酒は薄毛になります!酒豪の方は要注意!

お仕事後のお酒は最高においしいですよね!ですが、飲みすぎ注意です!
お酒は、血行促進効果やストレスにも良いと言われていますが、飲みすぎはやはり良くありません。何度か言いましたが何事もバランスです。お酒は肝臓によって分解されるのですが、肝臓は髪の毛の生成に重要な三大要素の1つの「タンパク質」を生成し、身体に供給するという役割を持っています。ですから、飲みすぎは肝臓に大きく負担をかけてしまうので、タンパク質が十分に作ることができなくなってしまいます。その為、発毛・育毛に大きなダメージを与えてしまいます。先ほども言いましたが、お酒は体にとって良い一面もあります。ですから、飲み方さえ間違わなければ、辞める必要はないと思います。でも飲みすぎは、髪の毛だけではなく身体にも影響しますので、くれぐれもご注意ください。

急激なダイエットは薄毛の原因です!

急激なダイエットは、筋肉量低下、血行不良、ストレス、等で発毛不良の原因となり、薄毛になりやすい身体になってしまいます。ですから、短期間での急激な減量(ダイエット)にはご注意ください。ダイエット自体が直接の薄毛の原因ではないのですが、短期間で急激に減量したり、必要以上に体重を落としたりするダイエット方法は、髪の毛に良くありません。つまり、薄毛の原因になると言う事です。中でも、食事制限をするダイエット方法は、極端に栄養不足になりがちなので、頭部への栄養供給がされにくくなります。そうなると毛母細胞の分裂が十分に行えなくなり、発毛に影響が出ます。また、栄養が不足するという事は、ホルモンバランスも崩れてしまいます。そして、男性ホルモンの分泌が過剰になるとAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因にもなります。

まとめ

いかがでしたか?上記の項目で一番少ないのは急激なダイエットだと思います。男性の方はよっぽどの事がないとダイエットはしませんからね。ですが、それ以外の2項目は、思い当たる方が多数いらっしゃると思います。タバコはなかなか辞めれませんよね?お酒もそうですが、お酒の場合は何も辞めなくても、量をバランスよくしてもらえれば問題ないのですが、タバコは量の問題ではないですからね。タバコを吸っていると、イライラを抑えれる(落ち着)、ストレス解消になる、等と良く言いますが、これは間違いです。タバコこそがストレスを引き起こす要因なのです。それに、イライラもタバコが原因ですよ。タバコについてはまたの期会に詳しく記事にしてみたいと思いますが、いずれにしても、タバコは辞める方が良い!お酒はほどほどに!という事ですね。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

シャンプーで頭皮ケア

今回はAGA予防や、今後の髪の毛の成長を祈って、頭皮の血行促進にも役立つ、正しいシャンプーの方法を勉強していきたいと思います。意外と雑になりがちなシャンプーなのですが、毎日の事なのでしっかりとマスターしておいてください。シャンプーの方法1つ間違うと、確実に薄毛になってしまいます。それぐらい、シャンプーは大事な生活習慣になります。そんな大げさな!と、思っている人ほどしっかりと、読んでみてください。自分の洗髪方法と180℃違う事が分かってくると思います。シャンプーは未来の髪の毛の為に、とっても大切な頭皮マッサージなのです!それではどうぞ!

知っていますか?正しいシャンプーの方法?

わたしたちは、毎日シャンプーをします。実はこのシャンプーにも正しい方法があります。あなたは、間違えたシャンプーのやり方をしていませんか?シャンプーは、今後生えてくる新しい髪の毛の為の、大切なヘアケアなのです。ですから、正しいシャンプー方法をマスターしてしっかりとヘアケアしましょう。

まずは軽くブラッシングをしましょう!

まずは、意外と知られていないブラッシング!ブラッシングをする目的は、頭皮に溜まった汚れを浮かしたり、髪の毛の絡みをほぐす為に行います。特に、フケや、頭皮の皮脂が気になる方は必ずするようにしてください。それから、短髪の人も頭皮に溜まった汚れを浮かす目的で優しく軽いブラッシングをするようにしましょう。ここでの注意点なのですが、くれぐれも、ゴシゴシしないようにしてください。あくまでも、優しく、軽くブラッシングです。※整髪料等を使用している場合は、手で優しくほぐしてください。整髪料のホールド力が強い場合は、この項目のブラッシングは避けてください。

お湯で頭皮をやさしく予洗いしていきます!

次は、シャンプーをしていく前にしっかりと予洗いしていきます。(※先程の項目で整髪料等を使用していてブラッシングが困難な方は、この項目からはじめてください。)ここでの注意点は、予洗いです!予洗いですから、髪の毛を濡らすだけではなく、しっかりと頭皮に溜まった汚れやフケを洗い流す感覚で洗っていきます。しっかりと、指の腹でマッサージする様な感覚でお願いします。しばらくすると、頭皮に溜まった皮脂や汚れが、流れ落ちて気持ち良くなってきます。特に整髪料を使用している方はしっかりめに予洗いをお願いします。ここで、しっかりと皮脂や汚れを落としておくと、後にするシャンプーの泡立ちが良くなり、シャンプーの効果が存分に発揮されます。
※シャンプーを使用した2度洗いはできるだけしないようにしましょう。
※整髪料を使用していて、お湯だけではどうしても落ちない場合は、少量のシャンプーを使用して、必ず手のひらで泡立ててから髪の毛に付いた整髪料だけを落とすような感じで予洗いしてください。

シャンプーを手のひらで泡立ててからマッサージ

予洗いが終わりましたら、次はシャンプーをしていきます。ここでの注意点は、シャンプーを直接頭皮につけない!です。まずは手のひらにとってから泡立てましょう。なぜかと言いますと、直接シャンプーを頭皮に付けますと、きれいに洗い流せなくなってしまうからです。直接頭皮に付けてから、マッサージをする人がいますが、これはNGです。頭皮への無駄な負担になること間違いないので、今後は気をつけましょう。

たっぷり泡立ってきましたら、洗髪していきます。この時点での注意点は、下から上へのマッサージです。もちろん髪の毛もきれいに洗っていきますが、シャンプーの一番の目的は頭皮をマッサージすることです。ですから指の腹や手のひらを使って、ゆっくり優しくマッサージしてください。指を広げたり縮めたりしながら、下から上へ頭頂部の方へ向かう感じで優しくしっかりとマッサージしていきます。もう1つ注意していただきたいのが、絶対に爪を立てない!それから、頭皮を擦るのではないという事を頭に入れておいてください。ここでおすすめなのは、スカルプケアシャンプーを使うという事です!スカルプケアシャンプーは【頭皮の汚れをしっかりと落とす+頭皮に潤いと栄養を与える】等の役割があります。ですから、上質なスカルプケアシャンプーで頭皮に潤いと栄養を与えてから洗い流すようにしましょう。ご興味がある方は、一度お試しください。
(※当サイトおすすめのスカルプ商品は最下部でご紹介しています)

洗い残しが無いように、しっかりと流しましょう!

シャンプーでしっかりとマッサージした後は、しっかりと洗い流しましょう。シャンプーの洗い残しがあると、フケや痒みの原因になりますのでご注意ください。多くの方は、自分では気づいていないが洗い残しがあります。髪の毛に付いた泡は落ちていても、頭皮にはしっかりとシャンプーが残っています。ですから、きっちりと髪をかき分けながら、マッサージする様な感覚で、頭皮にぬめりが残っていないかチェックしながら洗い流してください。この時の水圧はしっかりめにお願いします。それから、頭皮のシャンプーをしっかり落とした後は、顔や体にシャンプーが残っていないかチェックしてください。もし残っていたなら。きれいに洗い流してください。ニキビや肌荒れの原因になりますので。

コンディショナーを使用する場合は…

短髪の方はコンディショナーやトリートメントを使用することは無いと思いますが、髪の毛が長めの人はコンディショナー、トリートメントのどちらかを使用すると思います。ここで注意してほしい事があります。スカルプ系を除いた、コンディショナーやトリートメントを使用している場合は、髪の毛に付けるものであって、頭皮に付けるものではありません。ですから、もし使用している場合は、髪の毛だけに付けて、しっかりと洗い流してください。短髪の方でも、コンディショナーやトリートメントを使用したい場合は、スカルプ系の物をご使用ください。

洗髪後はしっかりと乾かしてください!

最後は、しっかりと乾かすです。意外とみなさん洗髪後はほったらかしと言う人が多いのですが、髪の毛にとっては濡れたままの状態は非常に良くないのです。髪の毛は濡れたまま放置しておくと、とても傷みやすく、不安定な状態になってしまい引っ張る力に弱くなってしまいます。ですから洗髪後はしっかりと乾かしましょう。

まずはタオルドライからしていきます。タオルドライの注意点は、頭皮を擦らずに、髪の毛を抑えるような感じで拭いていきましょう。この時に軽く叩くのはOKです。言葉で伝えるのは難しいのですが、拭き取るというよりも。水分をタオルで吸収させると言うような感じですね。そして、タオルドライが完了しましたら、次はヘアドライヤーで乾かしていきます。

ドライヤーはあてすぎ注意です!ドライヤーは熱すぎず、近すぎずでお願いします。ドライヤーの風が熱すぎると、頭皮や髪の毛にダメージを与えます。つまり、乾燥しすぎてドライヘアを生んでしまうのです。ですから、熱すぎない温度で、極力頭から離して万遍なく乾かしていきます。それから、ドライヤーでの乾かしすぎも注意ですので、9割程乾いたら、あとは自然乾燥で良いでしょう。

まとめ

以上が、正しい洗髪方法の説明になります。文章にすると、大変な作業に思えてきますが、実際やってみるとなんてことないです。慣れればそれが普通になり当たり前になってきます。しかし、この記事を見ながらシャンプーをすることは無理だと思うので、まずはシャンプーをしっかりと泡立ててから、髪の毛に付け、そして、しっかりと頭皮マッサージをして、しっかりと洗い流すという事を頭に入れておいてください。それから、くれぐれも注意してほしいのが、爪を立ててゴシゴシ洗わないという事です。これをしてしまうと、大切な頭皮がボロボロになってしまいます。血行促進どころの騒ぎじゃなくなってきます。男性の方は特に爪でゴシゴシやりがちなので、ご注意ください。シャンプーはあくまでも、頭皮マッサージなのです。ですから、指の腹部分で優しくしっかりとマッサージしてあげて下さい。

当サイトおすすめのスカルプシャンプー

  • プレミアムブラックシャンプー
    「洗う」+「3分ヘアパック」
    この1本で頭皮と髪を目覚めさせる。
    公式サイトでプレミアムブラックシャンプーの詳細をチェック
  • BUBKAスカルプケアシャンプー
    スカルプシャンプーの常識が変わる!
    濃密アミノ酸系本格スカルプシャンプー
    公式サイトでBUBKAスカルプケアシャンプーの詳細をチェック
  • AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

    薄毛になりやすい食生活

    AGAは男性ホルモンの関係で発生する男性型脱毛症と言われています。AGAの原因として考えられる原因は男性ホルモンだけに限らず、さまざまな原因が考えられます。その内の1つが食生活とも言われています。わたしたちの大切な髪の毛は、日々の食生活によって大きく影響されます。今回は薄毛になりやすい食生活について勉強していきます。

    これから、ご紹介するな項目に思い当たる節がある方は十分ご注意ください。食生活を改善するだけで、血行不良や肥満が解消され、さらにホルモンバランスまで整うので、髪の毛にとっては非常に良い効果を与えます。特に、揚げ物や、ラーメン等が好きな方は気をつけてください。血管のつまりは髪の毛にとって命取りとなります。さぁ今日からあなたも、食生活を改善し、健康な身体を手に入れ、健康な髪の毛を取り戻しましょう。

    油っこい物が好きなあなた!薄毛になりますよ!

    とんかつ、から揚げ、てんぷら、ラーメンと油っこい食事!おいしいですよね~…。たしかにおいしいのですけど、髪の毛には良くありません。油分の多い食事を大量に摂取していると、皮脂の分泌量が増えます。頭皮保護の為に皮脂は必要なのですが、油分の過度な摂取をすることで、過剰に皮脂分泌されます。こうなると抜け毛の原因となります。

    特にそれが脂性であると、脂漏性脱毛症と言う病気を引き起こすこともあります。そして、油分の多い食事ばかり摂取していると、血液がドロドロになり、血行不良の原因となります。つまり、血行が悪くなると、髪の毛の生成にとって必要な、酸素や栄養分が頭皮に十分に届けられなくなり、薄毛の原因となってしまいます。ですから、油っこい食事は確かにおいしいのですが、ほどほどにしておいてください。

    外食が好きなあなた!薄毛になりますよ!

    先程の油っこい食事の話の続きではありませんが、外食はどうしても油っこい食事になりがちです。ですから、外食ばかりされている方は気をつけてください。油分が多くカロリーが高いことが多いので、薄毛にももちろん悪いのですが、肥満になってしまうという事です。つまり、不健康なメタボで薄毛という事です。

    それから、外食の食材には添加物が多く含まれている為、血液の質を低下させてしまう原因にもなってしまいます。そうすると、血行不良や栄養不足になる為、結果薄毛になってしまいます。外食は、薄毛の方の大敵です!ですから、極力外食は避けるように気をつけましょう。特にサラリーマンの方は外食する期会が多いと思いますが、手作り弁当がおすすめです。

    食べ過ぎてしまう方!薄毛になりますよ!

    食べ過ぎは髪の毛にとって悪影響です。ついつい食べ過ぎてしまうと言う方は、気をつけてください。食べ過ぎは、まず肥満に繋がります。肥満になると、汗をかきやすくなり、皮脂分泌が過剰になってしまいます。皮脂分泌が過剰になると、抜け毛が増えます。また、脂肪が血管を圧迫してしまって、血行不良を引き起こし、薄毛の原因にもなります。

    それから、食べ過ぎは内臓にも負担がかかってしまいますので消化器系の内臓の機能が極端に低下し、うまく栄養を吸収することができなくなってしまいます。そうなると、頭皮にも十分に栄養が送られなくなって薄毛になってしまいます。何事もバランスです!今日から食べすぎには十分注意して、腹八分目を心がけましょう。昼食だから、たくさん食べても大丈夫なんてことはありませんから、朝、昼、晩、と注意してください。

    就寝前に食事をする方!薄毛になりますよ!

    髪の毛の生成には成長ホルモンの分泌が必要となります。その成長ホルモンが最も分泌されるのが、夜の10時以降で時間にして約4時間と言われています。この時間は、髪の毛の生成に集中させたいので、身体の活動をできるだけ抑えた方が良いと思います。ですから、夕食は早めに食べましょう。

    なぜなら、食事の後は食べたものを消化する為に、消化器系の内臓に、エネルギーや血液が集中します。つまり、寝る直前に食事を摂取すると、その時間に消化器系の働きが活発になり、髪の毛の生成に集中できなくなってしまうのです。ですから、就寝前の食事はなるべく避けて、早めに食事を摂るように心がけましょう。あと、就寝前の感触も控えましょう。

    まとめ

    以上が薄毛(AGA)になりやすい食生活の説明になります。油っこい食事や、食べ過ぎ、就寝前の食事にはご注意ください。このように、検証してみると油っこい食べ物も、もちろん髪の毛には悪いのですが、それだけでは無いという事が良く分かります。

    外食の場合は添加物がたくさん含まれる為、血液のの質を低下させ、血行不良や栄養不足になり、結果薄毛に!食べ過ぎると、脂肪が血管を圧迫して血行不良になったり、内臓に負担がかかり消化器系の機能の低下が起こり、結果薄毛に!遅い時間の食事も、髪の毛の生成と、食事の消化が重なる為に、髪の毛の生成に影響げ出て、結果薄毛に!このように、普段何気なくしている行動が、薄毛に繋がっています。

    今はフサフサでも、後々後悔しない為にも早めに食生活の改善をすることをおすすめします。それから、すでに薄毛で悩んでいる人は早めに食生活の改善をしてください。食生活を突然変更するのもストレスになりますので、はじめは育毛サプリ等で栄養を補給しながら徐々に改善していきましょう。このままでは、取り返しがつかなくなってしまいます。

    AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します

    朝シャンは薄毛の原因

    みなさん「朝シャン」してますか?知ってますか?朝シャンは薄毛の原因です!私も当時は、朝シャンをしていました!その理由は、朝から髪の毛がいい匂いがする、とても清々しい、髪型のセットがやりやすい等の理由です。ですが、これが原因で私は薄毛に…。髪の毛がなくなってしまえばセットもクソもない!若い男性の方は特に朝シャンをする方が多いと思います。ですが、それが薄毛の原因だとあなたは知っていますか?おそらく、知っていますよ!と答える人は少ないでしょう。では、なぜ、朝シャンは薄毛になるのか?について、今回は勉強していきましょう。

    朝シャンはなぜダメなの?

    シャンプーは頭皮にとって、とても重要な事です。別記事でシャンプーの正しい方法について解説しましたが、いくらシャンプーの正しいやり方をしていても、「朝シャン」だけはしないでください。ただでさえ忙しくて時間の無い朝にシャンプーをするのはとても危険な行為なのです。朝に3時間以上余裕がある人は別ですが…。

    朝シャンがダメな理由!

    頭皮には皮脂がありますが、この皮脂も過剰に分泌されると良くないのですが、実は皮脂も頭皮にとっては必要不可欠な存在なのです。皮脂は頭皮や髪の毛を保護したり、頭皮に蓄えられた水分を、保湿を保つために外に逃がさないようにする働きや、雑菌の撃退などの役割があります。しかし、これらの機能はシャンプーをするとリセットされます。そして保護膜を新たに形成するのに、約2時間(保護膜形成の時間は個人によって変わります)ほどかかってしまうのです。つまり、朝シャン後約2時間は保護膜が形成されていない状態なので、そのままお仕事等で外出すると、紫外線、風等の影響で頭皮を傷つけてしまうのです。こうなると、毎晩お風呂でしっかりと頭皮ケアをしていても全く意味がないという事ですね。

    特に朝はみなさん忙しく、時間が無いと思います。そんなバタバタしている中で朝シャンをすると、爪で頭皮を傷つけてしまったり、シャンプーの洗い残しがあったり、するので、フケ、痒み、抜け毛、の原因となり薄毛まっしぐらです。それに髪の毛の乾かし方も雑になってしまいます。正しい洗髪方法で解説しましたが、タオルドライが雑になり頭皮を傷つけたり、ドライヤーの熱風で急激に乾かしたりすると髪の毛にも頭皮にも良くありません。ですから、朝シャンはデメリットだらけですので、明日からはやめましょう。髪の毛や頭皮の事を考えるなら朝シャンは、今後しないようにしましょう。どうしても、朝シャンがやめられない人は、外出の3時間前に正しい洗髪方法でするようにしましょう。

    まとめ

    以上で、朝シャンがダメな理由を分かっていただけたでしょうか?確かに、朝シャンは気持ちが良いのですが、大事な髪の毛を失ってまで、する程の事ではないと思います。そう思いませんか?特に夏場は、寝ている間に汗をたくさんかくので、朝シャンをしたくなるのですが、シャワーを浴びる程度で、シャンプーをするのは控えましょう。夏場は、紫外線が非常に多く、ただでさえ、頭皮(皮膚)に良くないのに、シャンプーをすることによって、頭皮の保護膜が無い状態でお出かけするのは、大切な髪の毛を捨てに行っているようなものです。ですから、明日からは朝シャンは控えるようにしましょう。

    AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します