タグ別アーカイブ: AGAの原因

AGAとタバコの因果関係

タバコを吸うとハゲる?タバコは薄毛の原因?AGA治療には禁煙が必要?と愛煙家からすると、AGA(男性型脱毛症)治療の為に喫煙をやめるのは、究極の選択になると思います。しかし、タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど身体にとって良い要素が1つも含まれていません。そんなことは百も承知だと思いますが、最近の研究結果では、AGA(男性型脱毛症)と喫煙の関係は、とても悪影響ががあることが分かってきています。ですから髪の毛の事ももちろんですが、身体の健康の為にも禁煙することをおすすめします。身体が不健康だと、必然的に髪の毛も不健康になってしまいます。そんな、害だらけのタバコについて今回は勉強していきたいと思います。

タバコの害

タバコを吸っているほとんどの人が見た事があると思いますが、きれいなピンク色だった肺が真っ黒になってしまった画像。タバコを吸い続けると、肺が完全に真っ黒になり肺がんや呼吸器系器官の疾患をはじめとした病気を身体に与えてしまいます。それにタバコは、内臓系にも悪影響を及ぼし、特に肝臓に影響します。肝臓は髪の毛を生成するのにとても重要な働きをします。つまり、タバコが原因で、肝臓が弱り、髪の毛が抜け落ちてしまうという事です。

そもそもタバコを吸うとどのような害があるのか知っていますか?タバコを吸う、すなわち喫煙とは身体にとって、有害物質を摂り込む行為なのです。その有害物質とは「ニコチン」「一酸化炭素」「シアン化水素」等々、これらの有害物質はほとんどが体内に蓄積されます。尿等で体外へ排泄される分もありますが、ほぼ蓄積されていて健康だった身体が、どんどん不健康な身体へとなっていきます。

不健康な身体で有名な病気が「ガン」「循環器系の疾患」「呼吸器系の疾患」「潰瘍」等もすべてタバコが原因で引き起こります。それに、今回の一番の悩みの「抜け毛」「薄毛」「AGA(男性型脱毛症)」にも悪影響です。改めて考えてみると恐ろしくなってきませんか?少なくとも私は、自分がAGAになったおかげで、禁煙することに成功しましたが。当時は、いろいろと原因解明の為調べましたが、一番恐ろしくなったのはタバコでした。

喫煙による薄毛への悪影響

以上の内容でタバコが薄毛の原因であることが、大体分かっていただけたと思うのですが、本題はここからです。タバコが人体へ及ぼす悪影響で、どのように薄毛へと変化していくのかを解説します。

タバコの有害物質が原因で起こる血行不良

みなさんご存知かと思いますが、薄毛にとって良くない症状の1つが血行不良です。タバコは血行不良を促進させる有害物質なのです。つまり、タバコに含まれるニコチンは、喫煙される事によって、体内へと摂り込まれ、自律神経を刺激し血管を収縮させる働きがあるのです。血管が収縮する事によって血圧が上昇します。一旦血圧が上昇すると、正常に戻るまではしばらく時間がかかります。

そして、血圧が上昇すると、血液の流れが悪くなり問題の血行不良になってしまうのです。私たちの身体に栄養や酸素を送ってくれているのが血液で、その血液の流れが悪くなることで、身体の隅々まで栄養や酸素が行き届かなくなってしまうのです。それに、頭皮への栄養が送られる優先順位は身体の中で一番最後になるので、髪の毛まで十分な栄養や酸素が届かなくなって、結果髪の毛が抜け落ちてしまいます。

なぜ髪の毛が抜け落ちるのかと言いますと、髪の毛は毛根の一番下にある、毛乳頭から栄養を受け渡された毛母細胞が刺激を受けて、細胞分裂を繰り返し髪の毛が生成されて下から上へと押し上げられて伸びてきます。しかし、栄養が行き届かないと、髪の毛が生成されなくなるので、抜け落ちて終わりという事なのです。ですから、髪の毛のコシやハリが無くなってきている人は要注意です。髪の毛を触ってみてください!コシありますか?ハリありますか?なければあなたはAGA(男性型脱毛症)予備軍です。

タバコに含まれるニコチンがビタミン不足の原因

タバコに含まれる有害物質「ニコチン」、このニコチンはあなたの体内に摂取されたビタミンを破壊します。ビタミンにはいろいろ種類があるのですが、中でも栄養の吸収を促進する働きや、髪の毛を強くするコラーゲンを合成する効果があるのがビタミンCと言われています。それから、髪の毛に良い影響を与えるビタミンがビタミンEです。ビタミンEは血行を正常に保つ血管の拡張作用があると言われており、髪の毛の成長にはビタミンCとビタミンEは必要不可欠なビタミンとなっております。しかし、タバコのニコチンがビタミンCを破棄してしまい、ビタミンEが吸収されにくくなり、髪の毛の生成に必要な栄養が毛母細胞まで行き届かなくなり、髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちて、薄毛になってしまいます。もちろんその他にも、髪の毛を生成するにはたくさんのビタミンやタンパク質等の要素が必要になってきます。

喫煙は薄毛の原因、禁煙も…

タバコを吸っている人で薄毛になってきた人や、薄毛になるのが怖くて禁煙を考えている人も少なくはないと思います。しかし、喫煙も薄毛の原因ですが、禁煙も薄毛の原因なのです!「はぁっ!」と聞こえてきそうですが、これは事実です。

では、どうすれば…。まず、喫煙が薄毛の原因である事は、今までの説明でなんとなく分かっていただけたと思うのですが、禁煙がなぜ薄毛の原因になるのかを少しお話しします。薄毛が原因で、禁煙を考えている方や、身体の健康を気遣って禁煙を考えている方や、禁煙を考えている人の理由は様々だと思います。しかし、両者とも注意が必要です。あなたはなぜタバコを吸うのですか?と質問をしたら、100人中80人はこう言うでしょう「イライラを抑える為」、そうなんですイライラを抑える為にタバコを吸うのです。

つまり、タバコを急に辞めてしまうと…。そうですイライラしますよね!イライラが溜まりますよね!【イライラ=ストレス】ですよね~。実はストレスもAGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因の1つなのです。ですから「薄毛になってきたから」「身体の健康を気遣って」と、急激に禁煙をするのはストレスが溜まり、AGAの原因となります。ですから、ストレスが溜まらないように上手く禁煙する必要があります。

禁煙をはじめて、イライラするから、喫煙をはじめるのも危険です。実は喫煙こそが「イライラ」の原因だという事をあなたは知っていましたか?みなさん勘違いしているのです。タバコこそがイライラさせる輩なのです。タバコの成分のニコチンは、上記でも述べましたが、あなたの身体の中の大切なビタミンを破壊します。そして、あなたの身体はビタミン不足となり「イライラ」がはじまるのです。知ってました?知っていたら今頃タバコはやめていますよね…。つまり、喫煙でビタミン不足になり、イライラが溜まり、ストレスが溜まり、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因となります。「百害あって一利なし」まさにタバコにぴったりの言葉ですね!

タバコによる悪玉コレステロールの増加

タバコを吸う事によって体内の悪玉コレステロールが増加し、中性脂肪も増え、動脈硬化等のリスクが高まります。その悪玉コレステロールを減少させる為に、必要な成分がタウリンと言われています。このタウリンは体内で生成されるのですが、タウリンを生成するのに「メチオニン」と言うアミノ酸が必要になってきます。このメチオニンは髪の毛の生成に必要な主成分の1つで、メチオニンが不足すると、髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

また、タバコは悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させる作用もあり、その酸化コレステロールは血管の内側に付着して血管のつまりの原因となります。こうなると、血行不良だけに留まらず、血管の老化や、動脈硬化を発症してしまう場合もあります。結果薄毛になってしまいます。

まとめ

いかがでしたか、タバコの怖ろしさを分かっていただけましたか?タバコを吸う事で、髪の毛を失うだけでなく、大切な命まで失うかも分かりません、考えただけでも、本当に怖ろしいですね。しかし、急に禁煙を始めるのは逆効果を招きかねませんので、禁煙外来等で相談してみるのも1つの方法かと思います。

AGAは早めの発毛治療で薄毛が改善します